作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】白菜漬けともやしの卵焼き(瀬尾幸子)

2018年7月26日(再放送は7月27日、30日)の放送は、瀬尾幸子さんの「夏こそ おうち居酒屋」です。今回はその中から「白菜漬けともやしの卵焼き」の作り方を紹介します。 
f:id:katakorix:20180716222749j:image

 [170kcal 調理時間:10分] 

 

白菜漬けの酸味うまみのきいた卵焼きです。台湾風(中国風?)で、食べ応えもありますよ。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は100円くらいです。
f:id:katakorix:20180716222804j:image

 

引用元:きょうの料理2018年7月号[雑誌]

・白菜漬け(市販) ・・・200g

・もやし ・・・1/2袋(100g)

・溶き卵 ・・・3~4コ分

・A

 ・顆粒チキンスープの素(中国風) ・・・1つまみ

 ・こしょう ・・・少々

・食べるラーユ(市販) ・・・適宜

・ごま油

 

作ってみた! 

1.白菜漬けは汁けを軽く絞り、5mm幅に切る。もやしは好みでひげ根を取る。

f:id:katakorix:20180716222850j:image

 

2.フライパン(直径26cm)にごま油小さじ2~大さじ1を中火で熱して1を入れ、焦がさないように気を付けて3分間炒め、Aで味を調える。

f:id:katakorix:20180716222914j:image

 

3.溶き卵を加えて全体を混ぜ、卵を行き渡らせる。

f:id:katakorix:20180716222923j:image

 

片面が焼けたら半分に折り、中まで火を通す。

f:id:katakorix:20180716222939j:image

 !! 折り畳むのに、少し苦労しました・・・

 

4.食べやすい大きさに切って器に盛り、好みで食べるラーユを添える。

 

食べてみた! 

この日は、コーンとミニトマトのバター炒め、ビールと一緒にいただきました。  
f:id:katakorix:20180716222945j:image

日本では、あまり白菜漬けを料理に使いませんが、炒めることで酸味よりも旨味が引き立ち、爽やかな風味になるんですね。

 

もやしが大量に入っているので、食べ応えもあり、大満足のつまみになります。

 

材料費が安い割には豪華なので、是非また作りたいですね。 

 

★★★

この日は、他に「木綿豆腐のちぎりやっこ」「みょうがのみそ焼き」「コーンとミニトマトのバター炒め」「しいたけシューマイ」「やわやわうどん」が紹介されました。