作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】自家製ランチョンミート(本田明子)


スポンサーリンク

2017年11月29日(再放送は11月30日)の放送は、本田明子さんの「イチオシ ひき肉レシピ(中国風)」です。今回はその中から「自家製ランチョンミート」の作り方を紹介します。

 

f:id:katakorix:20171123202137j:plain

 

ひき肉が安い時に買って、まとめて茹でて汁ごとストックしておけるので、忙しい方には有難いレシピですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2コ分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は半量で500円くらいです。

f:id:katakorix:20171123200855j:plain

 

引用元:きょうの料理2017年12月号[雑誌]

・豚ひき肉 ・・・500g

・たまねぎ ・・・1/2コ(100g)

・にんにく ・・・1/2かけ

・A

 ・酒、水 ・・・各小さじ2

 ・塩 ・・・小さじ1

 ・こしょう ・・・小さじ1/2

 ・小麦粉 ・・・大さじ3

・固形スープの素 ・・・1コ

 

作ってみた! 

1.ボウルにひき肉を入れ、たまねぎ、にんにくをすりおろして加える。

f:id:katakorix:20171123200937j:plain

!! にんにくはチューブのものを使ったのでラクチンでした。

 

2.Aを順に加え、

f:id:katakorix:20171123201035j:plain

 

手でグルグルとよく混ぜる。途中、何度か上下を返し、てでもむようにして均一に混ぜる。

f:id:katakorix:20171123201102j:plain

 

3.大きな鍋に湯カップ5~6を沸かし、いったん火を止める。

f:id:katakorix:20171123201300j:plain

 

2のタネを2等分にしてラグビーボールのような形に丸め、

f:id:katakorix:20171123201338j:plain

!! 大雑把にまとめればよいので、気軽に作れますね。

 

湯がはねないようにそっと鍋に加える。残り1コ分も同様に丸めて加える。

f:id:katakorix:20171123201548j:plain

 

4.スープの素を加え、

f:id:katakorix:20171123201455j:plain

 

ふたをすこしずらしてかぶせ、常にフツフツとしている程度の弱火を保って30分間ゆでる。肉ダネが湯から出ないように、湯を適宜足す。

f:id:katakorix:20171123201532j:plain

 

こうして保存!

汁ごと保存容器に入れ、冷めたらふたをする。冷蔵庫で3日間保存可能。

f:id:katakorix:20171123203203j:plain

 

食べてみた! 

この日は、ランチョンミートと白菜の煮込み、かぼちゃのそぼろあんかけ、プチトマトとバルサミコのマリネ、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20171123201649j:plain

 

すりおろした玉ねぎとにんにくが入っているので、 茹でている間も食欲をそそる香りが家中を漂っていました。

 

ひき肉が安く売っていたら、とりあえず買って作っておきたいレシピですね。

 

★★☆

この日は、他に「ランチョンミートの中国風冷菜」「シンプルラーメン」「ランチョンミートのホイコーロー」「ランチョンミートと白菜の煮込み」「中国風そぼろ」「そぼろもやし炒め」「あっという間のマーボー豆腐」が紹介されました。