作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】切り干し大根の煮物(土井善晴)

2018年6月7日(再放送は6月8日、6月11日)の放送は、土井善晴さんの「食べものの力」です。今回はその中から「切り干し大根の煮物」の作り方を紹介します。 

f:id:katakorix:20180528163257j:plain

 [160kcal 調理時間20分] 

 

べチャッとしているものだと思い込んでいた切り干し大根の煮物も、作り方によっては歯切れよくなるそうですよ。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は半量で150円くらいです。

f:id:katakorix:20180528163336j:plain

 

引用元:きょうの料理2018年6月号[雑誌]

・切り干し大根(乾) ・・・50g

・油揚げ ・・・1枚

・赤とうがらし ・・・1本

・砂糖、うす口しょうゆ

 

作ってみた! 

1.切り干し大根は洗って食べやすく切り、鍋に入れてかぶるくらいの水(カップ2と1/2)に3分間浸して戻す。

f:id:katakorix:20180528163419j:plain

 

2.油揚げは4~5cm長さ、1cm幅くらいの短冊形に切る。赤とうがらしは3つに切って種を除く。

f:id:katakorix:20180528163435j:plain

 

3.1の鍋に油揚げ、赤とうがらし、砂糖大さじ1を入れて強火にかける。

f:id:katakorix:20180528163455j:plain

 

煮立ったら火を弱め、落としぶたをして5分間ほど煮る。

f:id:katakorix:20180528163511j:plain

 

4.うす口しょうゆ大さじ1と1/2を加え、煮汁が1/3量になるまでさらに5分間ほど煮る。

f:id:katakorix:20180528163527j:plain

 

食べてみた! 

この日は、えびの焼き春巻絹さやのサンラータン風、小松菜のおひたし、ご飯と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20180528194603j:plain

 

だしを入れていないので、薄めでホッとする味付けです。切り干し大根自体から出汁が出るので、これくらいで十分です。

食感にはシャキシャキ感がが少し残っているのがよいですね。切り干し大根が苦手という人でも食べやすいと思いますよ。

 

短時間で簡単に作れるので、一品足りない時も、ササッと作れそうですね。

 

  土井善晴 カテゴリーの記事一覧

★★☆

この日は、他に「ひじきのしょうが煮」「ひじきのバター炒めハムエッグのせ」が紹介されました。