作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】ぶりの串焼き(大原千鶴)


スポンサーリンク

2017年12月14日(再放送は12月18日)の放送は、大原千鶴さんの「もっと気軽に 魚介レシピ」です。今回はその中から「ぶりの串焼き」の作り方を紹介します。

 

f:id:katakorix:20171213100324j:plain

 

一見、焼き鳥の「ねぎま」のようですが、ぶりで作っています。ぶり大根やぶりの照り焼きに飽きたら、こんな料理も良いですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は500円くらいです。

f:id:katakorix:20171213100342j:plain

 

引用元:きょうの料理2017年12月号[雑誌]

・ぶり(切り身) ・・・2切れ(200g)

・ねぎ ・・・2~3本 

・A

 ・みりん ・・・大さじ4

 ・うす口しょうゆ ・・・大さじ2

 ・にんにく(すりおろす) ・・・少々

・一味とうがらし、粉ざんしょう ・・・各適量

・卵黄 ・・・2コ分

・白ごま、細ねぎ(小口切り)、溶きがらし ・・・各適量

・塩、しょうゆ

 

作ってみた! 

1.ぶりは皮と血合いを除く。塩少々をふり、10分間おく。塩をふって余計な水けを出し、うまみを凝縮させる。

f:id:katakorix:20171213100403j:plain

!! 血合いは除いてしまうので、血合いの少ないぶりを用意しましょう。

 

2.1の水けを拭いて6等分に切り、

f:id:katakorix:20171213100435j:plain

 

ねぎは4cm長さに切り、16~18コ用意する。

f:id:katakorix:20171213100456j:plain

 

ねぎとぶりを交互に串に刺す。1串にねぎ2~3本、ぶり2切れを交互に刺す。合計6串つくる。 

f:id:katakorix:20171213100512j:plain

 

3.フライパンに2を並べ入れ、中火にかける。

f:id:katakorix:20171213100527j:plain

 

1分間ほどして焼き色がついたら裏返し、

f:id:katakorix:20171213100546j:plain

 

さらに1分間焼いてAを加える。フライパンを揺すって全体にたれをからめる。裏返して火を止めて、しばらくおく。ぶりに八部通り火が通った頃合いで調味料を加え、たれにとろみがついたらあとは余熱で火を通す。焼き過ぎないように注意。

f:id:katakorix:20171213100601j:plain

 

4.器に盛り、一味とうがらし、粉ざんしょうをふる。卵黄にしょうゆ適量をかけ、白ごま、細ねぎをあしらい、溶きがらしとともに添える。

  

食べてみた! 

この日は、練りごまたっぷり豚汁、ほうれん草のお浸し、冷奴のキムチのせ、ご飯と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20171213100623j:plain

 

ぶりの処理も簡単ですし、すぐに火が通るので、とても簡単です。しかも、短時間で作れます。

 

粉ざんしょうと一味をつけて食べましたが、どちらもマッチしていましたよ。特に、粉ざんしょうをかけた風味は「うなぎ」のようでした。焼いたネギも美味しかったので、また作りたいです。

 

★★★

この日は、他に「ぶり大根」「ぶりの刺身 わさびポン酢おろしがけ」「ぶりの赤だし」「ぶりのアラ炊き」が紹介されました。

www.tsukuttemita.com