作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】ぶり大根(大原千鶴)


スポンサーリンク

2017年12月14日(再放送は12月18日)の放送は、大原千鶴さんの「もっと気軽に 魚介レシピ」です。今回はその中から「ぶり大根」の作り方を紹介します。

 

f:id:katakorix:20171206212715j:plain

[1人分370kcal 調理時間55分]

 

私の持っていたぶり大根のイメージとは全く違う、うす味であっさりとしたぶり大根です。短時間でできるのも良いですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は400円くらいです。

f:id:katakorix:20171206211704j:plain

 

引用元:きょうの料理2017年12月号[雑誌]

・ぶり(切り身) ・・・2切れ(200g)

・大根 ・・・1/2本(700g)

・だし ・・・カップ2と1/2 

・A

 ・うす口しょうゆ ・・・大さじ2

 ・みりん ・・・大さじ4

・ねぎ ・・・5cm

・せり(葉の部分)、柚子の皮(せん切り) ・・・各適量

・塩、小麦粉、サラダ油

 

作ってみた! 

1.ぶりに塩小さじ1/3をふり、10分間おく。

f:id:katakorix:20171206211730j:plain

!! ぶりは3切れ入りパックを購入したので、3切れで作りました。

 

2.大根は4cm厚さの輪切りにして皮をむき、 

f:id:katakorix:20171206211827j:plain

 

鍋に入れる。かぶるくらいの水(または米のとぎ汁)をそそぎ、中火でゆでる。竹串がスーッと通ったら火を止めて、ざるに上げる。

f:id:katakorix:20171206211846j:plain

!! ここでしっかりと茹でておくのが重要ですね。

 

3.鍋にだしと大根を入れて中火にかけ、煮立ったらAを入れる。

f:id:katakorix:20171206212030j:plain

 

ふたをして弱火で20分間煮る。

f:id:katakorix:20171206212044j:plain

 

4.1のぶりの水けをふき、小麦粉を薄くまぶす。

f:id:katakorix:20171206212103j:plain

 

サラダ油小さじ1を熱し、ぶりを中火で両面こんがりと焼く。小麦粉をつけて焼くことで、うまみが逃げにくい。焼き色がつくまで焼く。

f:id:katakorix:20171206212144j:plain

 

5.3の鍋に焼いたぶりを加え、5分間ほど煮て味をなじませる。大根とぶりがなじみ、澄んだだしが少し濁る程度に煮る。

f:id:katakorix:20171206212209j:plain

 

6.ねぎは縦半分に切ってからせん切りにする。5を器に盛り、ねぎとせり、柚子の皮をあしらう。

f:id:katakorix:20171206212229j:plain

!! ねぎはよく合っていたので、省略しない方が良いです。

 

食べてみた! 

この日は、しらたきの甘辛煮辛味大根のせ、ピーマンのお浸し、ご飯、味噌汁、柿と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20171206212251j:plain

 

いつもの茶色いぶり大根よりも、うす味でサッパリしていて、好きな味でした。

 

ぶりは事前にフライパンで焼きつけ、下ゆでした大根と合わせて煮るので、煮る時間が短く、ぶりがふっくらとしていて美味しいんですね。また作りたいです。

 

★★★

大原千鶴 カテゴリーの記事一覧

この日は、他に「ぶりの串焼き」「ぶりの刺身 わさびポン酢おろしがけ」「ぶりの赤だし」「ぶりのアラ炊き」が紹介されました。

www.tsukuttemita.com