作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】おかずひじき(舘野鏡子)


スポンサーリンク

2017年11月13日(再放送は11月14日)の放送は、舘野鏡子さんの「新 家庭料理の定番60」です。今回はその中から「おかずひじき」の作り方を紹介します。

 

f:id:katakorix:20171113130251j:plain

 

ひじき煮というと箸休めのイメージがありますが、ゆで大豆と鶏ひき肉が入っているので、ご飯のおかずになるひじき煮です。ご飯がすすみそうですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は450円くらいです。

f:id:katakorix:20171113130341j:plain

 

引用元:きょうの料理2017年11月号[雑誌]

・芽ひじき(乾) ・・・20g

・にんじん ・・・1/4本

・鶏ひき肉(胸) ・・・100g

・大豆の水煮(缶詰) ・・・50g

・だし ・・・カップ1

酒、みりん、かたくり粉、塩、サラダ油、砂糖、しょうゆ

 

作ってみた!

1.芽ひじきはたっぷりの水に20~30分間つけて戻し、ざるに上げ水けをきる。 

f:id:katakorix:20171113130425j:plain

 

にんじん皮をむき、細めの乱切りにする。

f:id:katakorix:20171113130448j:plain

 

2.ボウルにひき肉を入れ、酒大さじ1、みりん・かたくり粉各小さじ1、塩少々を加えてよく混ぜる。かたくり粉が水分を包み込み、ふんわりと、柔らかいそぼろになる。 

f:id:katakorix:20171113130505j:plain

!! 鶏ひき肉は胸肉のものを使うので、冷めてもあっさりしています。

 

3.フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、2を入れ、へらなどで粗くほぐしながら炒める。洗い塊を残すと、食べごたえが出る。 

f:id:katakorix:20171113130526j:plain

 

4.にんじんを加え、サッと炒めたら、芽ひじき、大豆を加え炒め合わせる。 

f:id:katakorix:20171113130552j:plain

 

だし、砂糖大さじ2、酒大さじ1を加え、ふたをして弱めの中火で5~6分間煮る。 

f:id:katakorix:20171113130617j:plain

 

5.しょうゆ大さじ2弱を加え、ふたをしてさらに5~6分間煮て、火を止めてそのまま10分間蒸らし、味をなじませる。

f:id:katakorix:20171113130641j:plain

 

食べてみた! 

この日は、さけのみそマヨネーズ焼き、ふかし芋、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20171113194310j:plain

 

味が濃すぎないので、おつまみとしても美味しいです。もちろん白いご飯にも合います。作り置きにちょうど良い一品です。

 

先に鶏ひき肉と片栗粉を混ぜておいた効果か、そぼろはフンワリと柔らかかったですよ。美味しかったので、また作ります。

 

★★★

この日は、他に、「フライパン筑前煮」「彩りきんぴら」が紹介されました。

www.tsukuttemita.com