作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】和風ハンバーグ(栗原はるみ)

2017年8月30日(再放送は8月31日)の放送は、栗原はるみの「定番ごはんセレクション 和風編」です。今回はその中から「和風ハンバーグ」の作り方を紹介します。

 

f:id:katakorix:20170817224953j:plain

 

ハンバーグは中まで火を通すのが難しいですよね。このレシピはオーブンを使うので失敗しません。

 

すだちポン酢と大根おろしのソースも、あっさりとしていて美味しそうです。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

●材料(4人分)

用意した材料はこんな感じ。 材料費は半量で800円くらいです。 

f:id:katakorix:20170817225016j:plain

 

引用元:きょうの料理2017年8月号[雑誌]

・ハンバーグ

 ・牛ひき肉(粗びき) ・・・400g

 ・豚ひき肉(粗びき) ・・・200g

 ・たまねぎ ・・・1コ(200g)

 ・生パン粉 ・・・カップ1/2

 ・牛乳 ・・・大さじ3

 ・卵 ・・・1コ

・すだちポン酢

 ・A

  ・しょうゆ ・・・大さじ5

  ・すだちの絞り汁 ・・・大さじ2

  ・みりん(煮きってアルコール分をとばしたもの)、酢 ・・・各大さじ1

  ・昆布(5cm四方) ・・・1枚

・大根おろし ・・・適量

・七味とうがらし ・・・適宜

・塩、黒こしょう(粗びき)、サラダ油

 

●さっそく、作ってみた! 

まず、「すだちボン酢」の準備をする。 ボウルにAを合わせ、サッと洗って水けを拭いた昆布を加えてしばらくおき(1時間~一晩が目安)、昆布を取り出す。器にすだちポン酢と大根おろしを入れ、好みで七味とうがらしをふる。

f:id:katakorix:20170817225121j:plain

!! 昆布のうま味を出すのに、早め(できれば前日)に準備しておいた方が良いですよ。

 

下準備として、オーブンは230℃に温めておく。

  

1.たまねぎは5~6mm角に切る。 

f:id:katakorix:20170817225157j:plain

 

2.パン粉は皿などに牛乳と一緒に入れ、しっとりさせておく。

f:id:katakorix:20170817225216j:plain

!! これがフワフワの秘訣ですね。

 

3.ボウルにひき肉、2、卵、塩小さじ1、っ黒こしょう少々を入れてよく混ぜ、1を加えてさらに混ぜる。

f:id:katakorix:20170817225233j:plain

!! 玉ねぎは炒めないのでラクチンです。

 

4.3を4等分にして、空気を抜きながら1コずつだ円形にする。

f:id:katakorix:20170817225255j:plain

 !! 半量で作りましたが、3つできました。 

 

5.オーブンに入れて使えるフライパンにサラダ油大さじ1/2~1を中火で熱し、4のハンバーグを入れ、表面に焼き色がつくまで、約2分間ずつ表面を焼く。

f:id:katakorix:20170817225317j:plain

  

6.5のフライパンごと230℃のオーブンに入れて8~10分間焼き(時間は2コずつ焼く時の目安)、中まで火を通す。取り出してフライパンに付け合わせを盛る。

※オーブンに入れて使えるフライパンがない場合は、通常のフライパンで5と同様に焼いて取り出し、オーブン用の紙を敷いた天板にのせ、同様に焼きます。 

f:id:katakorix:20170817225411j:plain

!! オーブンで使えるフライパンが無かったので、こちらの方法で試してみました。

 

◆野菜の付け合わせはこちら◆

www.tsukuttemita.com

 

●食べてみた!

この日は、野菜の付け合わせを添えて、きゅうり、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。 

f:id:katakorix:20170817223641j:plain

 

ハンバーグの作り方としては、非常にシンプルで簡単です。オーブンで中まで火を通したからか、いつもよりも美味しく作れました。

 

すだちポン酢は、すだちが無かったのでレモン汁で代用しましたが、すだちの風味が入っている方が何倍も美味しいと思いますので、ぜひ入れることをおススメします。また作りたい!レシピでした。

  

★★

  この日は、他に、「和風ハンバーグの付け合わせ」「豚のしょうが焼き」「きゅうりの甘酢サラダ」が紹介されました。

www.tsukuttemita.com