作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】「ゆで豚」を使った「おからのリエット」(土井善晴)を作ってみた!

2019年10月9日(再放送は10月11日、10月14日)の放送は、土井善晴さんの「お料理の自由帖」です。今回はその中から「ゆで豚」を使った「おからのリエット」を実際に作ってみた!

f:id:katakorix:20191001213239j:plain

[ゆで豚 ◎1760kcal/全量 ◎塩分0.5g/全量 ◎調理時間2時間30分(冷ます時間と冷蔵庫におく時間は除く。)

おからのリエット ◎490kcal/全量 ◎塩分1.4g/全量 ◎調理時間20分(粗熱を取る時間は除く。)]

 

リエットとは、パテのようなフランス料理のことだそうですよ。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。おからはスーパーでも売っていますよ。

f:id:katakorix:20191001202934j:plain

 

引用元:きょうの料理2019年10月号[雑誌]

ゆで豚(つくりやすい分量)

・豚バラ肉(塊) ・・・500g

・おから ・・・120g

 

おからのリエット(つくりやすい分量)

・ゆでおから※ ・・・全量

・ゆで豚 ・・・約30g

・ゆで汁※ ・・・カップ1

●塩・黒こしょう(粗びき)

 

作ってみた! 

「ゆで豚」を作る。

1.鍋(直径22cmが目安)に湯カップ12(2.4ℓ)を沸かす。

f:id:katakorix:20190930195821j:plain

 

2.鍋に豚肉、おからを入れてひと煮立ちさせてアクを取り、

f:id:katakorix:20190930195836j:plain

 

湯がきれいに対流するくらいの火加減で豚肉が柔らかくなるまで1時間30分~2時間ゆでる。浮いた脂はラードなので、取らずに残します。

f:id:katakorix:20190930195841j:plain

 

ゆでたての豚肉とおからのゆで汁

どうぞここで味見してください。ゆでたての豚肉は格別です。柔らかいので厚切りで楽しめます。アツアツのゆで豚を食べたら、おいしくてほかの料理ができなくなるので、倍量ぐらいつくられてもよいでしょう。

f:id:katakorix:20190930195849j:plain

!! 豚バラを煮たのに、煮汁がサラサラしているのに驚きです。

 

f:id:katakorix:20190930205901j:plain

!! 味見をしたら、滋味深くて、本当に美味しかった・・・ここで食べすぎ注意ですね。

 

3.そのままおいて粗熱が取れるまで冷まし、さらに一晩冷蔵庫に入れる。

f:id:katakorix:20191002215249j:plain

 

※冷蔵庫に入れた鍋から、肉を取り出す。

f:id:katakorix:20191001202940j:plain

 

ざるに堅く絞ったさらしのぬれ布巾を広げてゆで汁をあけ、布巾をギュッと絞っておからとゆで汁に分ける。ここから各材料を必要量取り分ける。

f:id:katakorix:20191001202849j:plain

 

 「おからのリエット」を作る。

1.ゆで豚は細かく刻む。

f:id:katakorix:20191001202857j:plain

 

2.鍋にとゆでおから、ゆで汁、塩小さじ1/4弱を入れて中火にかけ、

f:id:katakorix:20191001202904j:plain

 

木べらで前ながら水分がほとんどなくなるまで煮詰める。

f:id:katakorix:20191001202915j:plain

 

3.粗熱が取れるまで冷まし、器に盛る。黒こしょう適量をふり、好みで青ねぎ(小口切り/分量外)をふる。パンなどにのせて食べてもよい。

 

食べてみた! 

この日は、フランスパンに塗っていただきました。

f:id:katakorix:20191001202930j:plain

 

おからという感じは全くありません。豚の旨味がたっぷり詰まったパテで、パンにはよく合いますね。

 

こんな美味しいおからを捨てるのはモッタイナイので、ゆで豚を作ったら、是非、リエットも作ってくださいね。

 

あと、オススメのポイントは、このゆで豚だと、豚肉も煮汁もサラサラしているので、洗い物がとてもラクチンですよ。

 

 土井善晴 カテゴリーの記事一覧

★★★

この日は、他に「ゆで豚の香味しょうゆ」「豚バラ肉の煮つけ」が紹介されました。