作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】「ゆで豚」を使った「ゆで豚の香味しょうゆ」(土井善晴)を作ってみた!

2019年10月9日(再放送は10月11日、10月14日)の放送は、土井善晴さんの「お料理の自由帖」です。今回はその中から「ゆで豚」を使った「ゆで豚の香味しょうゆ」を実際に作ってみた!

f:id:katakorix:20191001213129j:plain

[ゆで豚 ◎1760kcal/全量 ◎塩分0.5g/全量 ◎調理時間2時間30分(冷ます時間と冷蔵庫におく時間は除く。)

ゆで豚の香味しょうゆ ◎440kcal ◎塩分3.2g ◎調理時間10分]

 

脂の落ちたゆで豚は、まずは冷たく冷やして食べたいですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は少なめ量で400円くらいです。

f:id:katakorix:20191001213148j:plain

 

引用元:きょうの料理2019年10月号[雑誌]

ゆで豚(つくりやすい分量)

・豚バラ肉(塊) ・・・500g

・おから ・・・120g

 

ゆで豚の香味しょうゆ(2人分)

・ゆで豚 ・・・150g

・香味しょうゆ

 ・ししとうがらし ・・・10本(60g)

 ・ねぎ ・・・1/2本(50g)

 ・A

  ・しょうゆ、米酢 ・・・各大さじ2

  ・ごま油 ・・・大さじ1

  ・豆板醤(トーバンジャン)※ ・・・小さじ1

※塩分の高いものもあるので入れすぎに注意。

 

作ってみた! 

「ゆで豚」を作る。

1.鍋(直径22cmが目安)に湯カップ12(2.4ℓ)を沸かす。

f:id:katakorix:20190930195821j:plain

 

2.鍋に豚肉、おからを入れてひと煮立ちさせてアクを取り、

f:id:katakorix:20190930195836j:plain

 

湯がきれいに対流するくらいの火加減で豚肉が柔らかくなるまで1時間30分~2時間ゆでる。浮いた脂はラードなので、取らずに残します。

f:id:katakorix:20190930195841j:plain

 

ゆでたての豚肉とおからのゆで汁

どうぞここで味見してください。ゆでたての豚肉は格別です。柔らかいので厚切りで楽しめます。アツアツのゆで豚を食べたら、おいしくてほかの料理ができなくなるので、倍量ぐらいつくられてもよいでしょう。

f:id:katakorix:20190930195849j:plain

!! 豚バラを煮たのに、煮汁がサラサラしているのに驚きです。

 

f:id:katakorix:20190930205901j:plain

!! 味見をしたら、滋味深くて、本当に美味しかった・・・ここで食べすぎ注意ですね。

 

3.そのままおいて粗熱が取れるまで冷まし、さらに一晩冷蔵庫に入れる。

f:id:katakorix:20191002215249j:plain

 

 「ゆで豚の香味しょうゆ」を作る。

1.ゆで豚は薄く食べやすく切り、器に並べる。冷蔵庫にとりおいた豚肉は堅くなっているので、2~3mm厚さに薄く切れます。

f:id:katakorix:20191002215255j:plain

 

2.ししとうはヘタを取って種ごと小口切りにしてから粗みじん切りにし、紙タオルで包んでギュッと絞り水けを取る。ねぎは粗みじん切りにする。

f:id:katakorix:20191001213119j:plain

 

3.ボウルにを合わせてよく混ぜ、にかける。

f:id:katakorix:20191001213125j:plain

 

食べてみた! 

この日は、お酒のお供にいただきました。

f:id:katakorix:20191001203137j:plain

 

よーく冷やしたゆで豚は、全く油っこく無いのに豚のコクと旨味は詰まっていて、驚きの美味しさですよ。

 

豆板醤とししとうでピリリと辛いタレがよく合いますね。

 

つまみにもおかずにもなる創作中華料理のようなオシャレな一品です。

 

 土井善晴 カテゴリーの記事一覧

★★★

この日は、他に「おからのリエット」「豚バラ肉の煮つけ」が紹介されました。