作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】「ゆで豚」を使った「豚バラ肉の煮つけ」(土井善晴)を作ってみた!

2019年10月9日(再放送は10月11日、10月14日)の放送は、土井善晴さんの「お料理の自由帖」です。今回はその中から「ゆで豚」を使った「豚バラ肉の煮つけ」を実際に作ってみた!

f:id:katakorix:20191002215231j:plain

[ゆで豚 ◎1760kcal/全量 ◎塩分0.5g/全量 ◎調理時間2時間30分(冷ます時間と冷蔵庫におく時間は除く。)

豚バラ肉の煮つけ ◎490kcal ◎塩分2.8g ◎調理時間20分(大根を下ゆでする時間は除く。)]

 

沖縄料理店にありそうな豚バラの煮つけですよ。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は少なめ量で500円くらいです。

f:id:katakorix:20191002215243j:plain

 

引用元:きょうの料理2019年10月号[雑誌]

ゆで豚(つくりやすい分量)

・豚バラ肉(塊) ・・・500g

・おから ・・・120g

 

豚バラ肉の煮つけ(2人分)

・ゆで豚 ・・・150g

・大根(2cm厚さの輪切り) ・・・2切れ

・木綿豆腐 ・・・1/2丁

・グリンピース(冷凍) ・・・50g

●酒・砂糖・しょうゆ

 

作ってみた! 

「ゆで豚」を作る。

1.鍋(直径22cmが目安)に湯カップ12(2.4ℓ)を沸かす。

f:id:katakorix:20190930195821j:plain

 

2.鍋に豚肉、おからを入れてひと煮立ちさせてアクを取り、

f:id:katakorix:20190930195836j:plain

 

湯がきれいに対流するくらいの火加減で豚肉が柔らかくなるまで1時間30分~2時間ゆでる。浮いた脂はラードなので、取らずに残します。

f:id:katakorix:20190930195841j:plain

 

ゆでたての豚肉とおからのゆで汁

どうぞここで味見してください。ゆでたての豚肉は格別です。柔らかいので厚切りで楽しめます。アツアツのゆで豚を食べたら、おいしくてほかの料理ができなくなるので、倍量ぐらいつくられてもよいでしょう。

f:id:katakorix:20190930195849j:plain

!! 豚バラを煮たのに、煮汁がサラサラしているのに驚きです。

 

f:id:katakorix:20190930205901j:plain

!! 味見をしたら、滋味深くて、本当に美味しかった・・・ここで食べすぎ注意ですね。

 

3.そのままおいて粗熱が取れるまで冷まし、さらに一晩冷蔵庫に入れる。

f:id:katakorix:20191002215249j:plain

 

 「豚バラ肉の煮つけ」を作る。

1.大根は柔らかく下ゆでし、グリンピースはサッと湯に通して水けをきる。

f:id:katakorix:20191002215301j:plain

 

2.ゆで豚は食べやすく切る。大根は半分に切り、豆腐は4等分に切る。

f:id:katakorix:20191002215305j:plain

 

3.フライパンにゆで豚、大根、豆腐を入れ、水カップ1/2、酒カップ1/2を加えて中火にかける。酒は沖縄の泡盛を使ってもまたおいしいです。

f:id:katakorix:20191002215309j:plain

 

4.煮立ったら砂糖・しょうゆ各大さじ2を加えて落としぶたをし、弱火で煮汁が少し残るくらいになるまで10分間ほど煮る。

f:id:katakorix:20191002215207j:plain

 

5.グリンピースを加え、サッと煮て器に盛る。

f:id:katakorix:20191002215217j:plain !! グリンピースが無かったので、枝豆で代用しました。

 

食べてみた! 

この日は、チンゲンサイ炒め、大根おろし、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。

f:id:katakorix:20191002215236j:plain

 

お酒をたっぷり入れて煮込んでいるので、出来上がりもお酒が効いていて、沖縄っぽいです。

 

おからで煮た豚バラは全く油っこく無いので、豚バラ肉なのに罪悪感無くいただけますよ。

 

ご飯にもよく合いますね。

 

 土井善晴 カテゴリーの記事一覧

★★★

この日は、他に「ゆで豚の香味しょうゆ」「おからのリエット」が紹介されました。