作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】とうがんと豚肉の南蛮煮(鈴木登紀子)を作ってみた!

2019年8月19日(再放送は8月20日)の放送は、鈴木登紀子さんの「おさらい和食塾」です。今回はその中から「とうがんと豚肉の南蛮煮」を実際に作ってみた!  

f:id:katakorix:20190819193406j:plain

[◎300kcal ◎塩分1.8g ◎調理時間45分]

 

とうがん自体には、あまり味が無いので、だしと肉のうま味をたっぷり含ませて食べると美味しいですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(4~5人分)

用意した材料はこんな感じ。 材料費は肉多め、冬瓜少なめで1,000円くらいです。

f:id:katakorix:20190819193416j:plain

 

引用元:きょうの料理2019年8月号[雑誌]

・とうがん ・・・(大)1/2コ(正味900g)

・豚バラ肉(塊) ・・・300g

・A

 ・だし ・・・カップ3/4

 ・酒、砂糖 ・・・各大さじ3

 ・みりん ・・・大さじ2

 ・うす口しょうゆ ・・・大さじ3

 ・赤とうがらし(小口切り) ・・・1本分

●サラダ油

 

作ってみた!  

とうがんを切る

1.とうがんは二つ割りにして4cm幅に切る。

f:id:katakorix:20190819193424j:plain

 

種とワタをスプーンで取り除く。

f:id:katakorix:20190819193430j:plain

 

2.さらに1.5cm幅に切り、ワタの部分を薄く切り落とす。とうがんもワタが残っているとすっきり煮上がらないので、きれいに切り落とします。

f:id:katakorix:20190819193434j:plain

  

3.皮を薄くむき、ワタはしっかり、皮は薄めに取り除きます。皮の緑をほんのりと残すと美しいので、むぎに皮を厚くむかないように。

f:id:katakorix:20190819193440j:plain

 

水に放す。

f:id:katakorix:20190819193446j:plain

 

肉を焼く

4.豚肉は1.5cm厚さに切る。

f:id:katakorix:20190819193450j:plain

 

5.フライパンにサラダ油大さじ1/2を熱し、豚肉の全面を中火で色よく焼く。 

f:id:katakorix:20190819193456j:plain

 

網にとり、熱湯を回しかけて余分な脂を落とす。

f:id:katakorix:20190819193501j:plain

!! このひと手間で、仕上がりがスッキリしますね。

 

合わせて煮る

6.鍋に水けをきったとうがんと豚肉を入れ、Aを順に加えて強火にかける。

f:id:katakorix:20190819193517j:plain

 

煮立ったら強めの中火にしてアクを取り、落としぶたをする。時々様子を見ながら15分間ほど、汁けが少なくなるまで煮る。

f:id:katakorix:20190819193523j:plain

 

7.煮汁が少なくなったら、鍋の手前から向こう側に動かすようにあおり、具の上下を入れかえて均一に味をなじませる(鍋返し)。鍋返しで味を均一に回します。煮汁が少なくなったら焦げつかないようにするため、また、まんべんなく味を回すために鍋返しをします。

f:id:katakorix:20190819193529j:plain

 

バットにあけて粗熱を取り、器に盛って赤とうがらし(分量外)をあしらう。

f:id:katakorix:20190819193358j:plain

 

食べてみた! 

この日は、ナスの梅肉スープ、モロヘイヤのお浸し、なすの漬物と一緒にいただきました。 

f:id:katakorix:20190819193410j:plain

 

豚バラは香ばしく焼いてから油抜きをしているので、サッパリしています。

 

冬瓜に豚の旨味こってりした風味が移っていて、とても美味しかったです。

 

ご飯がすすむ一品ですね。

 

★★☆

この日は、他に「かぼちゃの甘煮」が紹介されました。