作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】トマトとえびの夏カレー(栗原はるみ)を作ってみた!

2019年8月5日(再放送は8月6日、8月9日)の放送は、栗原はるみさんの「栗原はるみの夏ごよみ 1日目」です。今回はその中から「トマトとえびの夏カレー」を実際に作ってみた!  

f:id:katakorix:20190731214852j:plain

 

[◎580kcal※ ◎塩分1.4g※ ◎調理時間40分 ※カレーとご飯のみ]

 

夏はカレーが食べたくなりますが、いつも同じでは飽きてしまいます。たまにはこんな夏っぽいカレーもいいですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(4人分)

用意した材料はこんな感じ。 材料費は半量で600円くらいです。

f:id:katakorix:20190731214914j:plain

 

引用元:きょうの料理2019年8月号[雑誌]

・えび(無頭/殻付き) ・・・12匹(正味200g)

・トマト ・・・5~6コ(800g)

・たまねぎ ・・・1コ(200g)

・にんにく(みじん切り) ・・・小さじ1

・しょうが(みじん切り) ・・・小さじ2

・クミンシード ・・・小さじ2

・カレー粉 ・・・大さじ2

・ガラムマサラ ・・・小さじ1

・白ワイン ・・・カップ1/2

・バジル ・・・適量

・パクチー ・・・適宜

・ご飯(温かいもの) ・・・適量

・ナン(市販)、福神漬(市販) ・・・各適宜

●サラダ油・バター・塩・こしょう・トマトケチャップ

 

作ってみた!  

1.トマトは4~6等分のくし形に切る。

f:id:katakorix:20190731214927j:plain

 

えびは殻と尾を取り、背に切り目を入れて背ワタを除く。

f:id:katakorix:20190731214822j:plain

 

2.フライパンにサラダ油大さじ2とバター10gを中火で熱し、にんにく、しょうがを入れて香りがたつまで炒める。たまねぎを加え、水分がとんだら弱火にして、あめ色になるくらいまでさらに約10分間炒める。

f:id:katakorix:20190731214951j:plain

 

3.クミンシードを加えて炒め、カレー粉、ガラムマサラをふり入れてなじむまで炒める。スパイス類を加えたら、粉っぽさがなくなるまでよく炒めましょう。

f:id:katakorix:20190731215005j:plain

 

4.を厚手の鍋に移して中火にかけ、トマトを加えて軽く炒め合わせる。

f:id:katakorix:20190731214744j:plain

 

5.白ワインを加えて煮立て、アルコールがとんだら、バジル、好みでパクチーの根を縦半分に切って加える。

f:id:katakorix:20190731214804j:plain

!! パクチーは家族が苦手なのでバジルのみにしました。

 

弱火にしてふたをし、時々混ぜながら、トマトが柔らかくなるまで8~10分間煮る。

f:id:katakorix:20190731214815j:plain

 

6.のフライパンをサッと拭いてサラダ油大さじ1を中火で熱し、えびを炒める。

f:id:katakorix:20190731214827j:plain

 

火が通ったら塩・こしょう各少々をふり、に加えてなじませる。

f:id:katakorix:20190731214835j:plain

 

トマトケチャップ大さじ1、塩少々で整える。器にご飯をもってカレーをかけ、好みでバジル、パクチーの葉、ナン、福神漬けなどを添える。

f:id:katakorix:20190731214840j:plain
 

食べてみた! 

この日は、青梗菜炒め、トマトとアボカドのサラダ、セロリの葉のスープと一緒にいただきました。 

f:id:katakorix:20190731214858j:plain

 

トマトとバジルとクミンで、とても爽やかなカレーです。

 

カレー粉だけの辛いカレーとは違って、スッパ辛いアジアっぽいカレーで美味しかったですよ。時々食べたくなりそうな味ですね。

 

栗原はるみ カテゴリー一覧

★★★

この日は、他に「パインとココナツミルクのアイス」が紹介されました。