作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】なすと豚こまの甘酢あん(杉本節子)を作ってみた!

2019年7月1日(再放送は7月2日、7月5日)の放送は、杉本節子さんの「この夏、なすを使いきる! ~フライパンひとつで~」です。今回はその中から「なすと豚こまの甘酢あん」を実際に作ってみた!  

f:id:katakorix:20190629195702j:plain

[◎460kcal ◎塩分2.0g ◎調理時間15分]

 

安価なこま切れ肉をギュッと握って塊肉に変えれば、食べ応えのあるおかずになりますね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分)

用意した材料はこんな感じ。 材料費は400円くらいです。

f:id:katakorix:20190629195715j:plain

 

引用元:きょうの料理2019年7月号[雑誌]

・なす ・・・2コ(160g)

・ピーマン ・・・1コ(35g)

・ミニトマト ・・・6コ

・しょうが ・・・2かけ(20g)

・甘酢あん

 ・水 ・・・大さじ2

 ・酢、砂糖、トマトケチャップ ・・・各大さじ1

 ・うす口しょうゆ ・・・小さじ2

 ・かたくり粉 ・・・小さじ1

 ・顆粒スープの素(中華風)※ ・・・小さじ1/2

●酒・塩・こしょう・かたくり粉・サラダ油

※好みのスープの素でもよい

 

作ってみた!  

1.なすはヘタを切り落として長さを2~3等分に切ってから六~八つ割りにする。ピーマンはヘタと種を除き、1.5cm四方に切る。

f:id:katakorix:20190629195721j:plain

 

ミニトマトはヘタを取って半分に切る。しょうがは皮ごと薄切りにする。甘酢あんは混ぜ合わせておく。

f:id:katakorix:20190629195728j:plain

 

 2.豚肉は酒小さじ1と塩・こしょう各少々をふり、かたくり粉大さじ1と1/2を加えて混ぜ合わせる。一口大の塊になるように手でギュッと握る。豚肉を握って、塊上にすることでボリューム感を出す。こま切れ肉の柔らかさをそのままなので、食べやすい。

f:id:katakorix:20190629195551j:plain

 !! このひと工夫は、いろいろな料理にも応用できそうですね。

 

 3.フライパンにサラダ油を1cm深さほど入れて中火で熱し、なすを炒める。火が通ったらいったん取り出す。

f:id:katakorix:20190629195605j:plain

 

 4.のフライパンにサラダ油適量を足し、の豚肉を焼く。

f:id:katakorix:20190629195619j:plain

 

焼き色がついたらしょうが、ピーマン、ミニトマトを加えてサッと炒める。

f:id:katakorix:20190629195624j:plain

 

なすを戻し入れて

f:id:katakorix:20190629195630j:plain

 

の甘酢あんを加え、ひと煮立ちさせて、からめる。

f:id:katakorix:20190629195642j:plain

 

食べてみた! 

この日は、ゆでトウモロコシ、冷奴、ご飯、みそ汁と一緒にいただきました。 

f:id:katakorix:20190629195709j:plain

 

最近は塩分の摂りすぎに気を付けているので、甘酢あんは味が濃いわりには塩分が少なくて助かっています。

 

豚こまで作った塊肉は、ちょっとした手間でおかずを豪華にすることができるので、他の料理でも応用したいです。

 

材料費は安くても、彩りがよく豪華な一品になったので、是非また作りたいですね。

 

★★★

この日は、他に「なすのえびマヨ」「なすの煮干し炊き」「ゆでなすとささ身の春雨あえ」「なすのチーズ焼き」「なすの牛カツ」が紹介されました。