作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】焼きしいたけの混ぜご飯(近藤幸子)を作ってみた!

2019年5月8日(再放送は5月13日)の放送は、近藤幸子さんの「調味料ひとつでパパっとおかず」です。今回はその中から「焼きしいたけの混ぜご飯」を実際に作ってみた!

f:id:katakorix:20190507200545j:plain

 

[◎270kcal ◎塩分1.5g ◎調理時間15分(米を浸水させる時間、炊く時間、しいたけの粗熱を取る時間は除く。)]

 

混ぜご飯はご飯1合に塩小さじ1/2で味が決まるそうですよ。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(3~4人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は半量で100円くらいです。

f:id:katakorix:20190507200552j:plain

 

引用元:きょうの料理2019年5月号[雑誌]

・米 ・・・360㎖(2合)

・生しいたけ ・・・1パック(6~8枚)

・塩 ・・・小さじ1 

  

作ってみた! 

1.米は洗い、炊飯器の内釜に入れて普通の水加減をして約30分間おく。

f:id:katakorix:20190507200558j:plain

 

塩を加えてざっと混ぜ、普通に炊く。先に米を浸水させてから塩を入れると、米が堅くなりにくい。

f:id:katakorix:20190507200604j:plain

 

2.しいたけは石づきを除く。魚焼きグリルでしいたけが縮んでくるまで様子を見ながら強火で8分間焼く。

f:id:katakorix:20190507200523j:plain

 

粗熱が取れたら薄切りにする。

f:id:katakorix:20190507200527j:plain

 

3.炊きたてのご飯にしいたけを加えてざっと混ぜる。

f:id:katakorix:20190507200530j:plain

!! 今回は1合で作りました。我が家では、0.5合から炊ける、こんな炊飯器を使っています。これだと30分で炊き上がりますので、必ず1回ずつ炊いています。ご飯は絶対に炊きたてが美味しい!

 

 

食べてみた! 

この日は、鶏とキャベツの塩蒸し焼き、冷奴、味噌汁と一緒にいただきました。

f:id:katakorix:20190507200152j:plain

 

しいたけはカサカサになるまで焼くのがポイントです。焼くことで干しシイタケのような良いダシが出るんですね。

 

でも、結構塩味が効いています。おかずと一緒に食べるには塩分が多いので、残りは軽く結んで冷凍しておきました。単体で食べた方が美味しくいただけそうですね。

 

簡単なので、しいたけ好きは是非挑戦してみてくださいね。

 

★★☆

この日は、他に「鶏とキャベツの塩蒸し焼き」「豚肉とかぼちゃのしょうゆ炒め」「鶏ひき肉のみそローフ」「牛肉とセロリのしょうゆ炒め」が紹介されました。