作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】青じそと黒ごまのそぼろご飯(栗原はるみ)を作ってみた!

2019年5月7日(再放送は5月8日)の放送は、「栗原はるみの春ごよみ」です。今回はその中から「青じそと黒ごまのそぼろご飯」を実際に作ってみた!

f:id:katakorix:20190507130839j:plain

[◎550kcal ◎塩分2.5g ◎調理時間20分(粗熱を取る時間は除く。)]

 

そぼろご飯と言えば、ご飯に肉そぼろと卵そぼろをかけるお弁当の定番ですが、混ぜて黒ごまと青じそを加えれば、色鮮やかなパーティーメニューにもなりますね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(4人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は半量で250円くらいです。

f:id:katakorix:20190507130901j:plain

 

引用元:きょうの料理2019年5月号[雑誌]

・ご飯(温かいもの) ・・・650g(約2合分)

・豚ひき肉 ・・・200g

・A

 ・しょうゆ ・・・大さじ3 

 ・砂糖 ・・・大さじ2

 ・みりん ・・・大さじ1

・卵 ・・・4コ

・B

 ・砂糖、酒 ・・・各大さじ2

 ・塩 ・・・少々

・青じそ(粗みじん切り) ・・・20枚分

・黒ごま ・・・大さじ2

  

作ってみた! 

1.肉そぼろをつくる。小さめのフライパンにAを合わせて中火で煮立て、

f:id:katakorix:20190507130906j:plain

 

少し煮詰めてからひき肉を加える。木べらでほぐしながら、煮汁がほとんどなくなるまで煮る。

f:id:katakorix:20190507130911j:plain

 

2.卵そぼろをつくる。ボウルに卵を割りほぐし、Bを加えてよく混ぜる。

f:id:katakorix:20190507130754j:plain

 

小さめのフライパンに漉しながら入れて

f:id:katakorix:20190507130804j:plain

!! 漉すことで、きれいなそぼろができるんですね。

 

弱火にかけ、菜箸3~4本で混ぜながら、そぼろ状にする。

f:id:katakorix:20190507125949j:plain

 

3.ご飯にの肉そぼろを加え、サックリと混ぜる。

f:id:katakorix:20190507125955j:plain

 

の卵そぼろ、黒ごまも加えて軽く混ぜ合わせ、粗熱が取れたら青じそを混ぜる。ご飯が熱いうちに青じそを混ぜると、色が変わってしまいます。アツアツを食べたいときは、青じそは混ぜずにトッピングするのがおすすめです。

f:id:katakorix:20190507130824j:plain

 

器に盛り、好みで漬物を添える。

  

食べてみた! 

この日は、お昼ごはんにお吸い物と一緒にいただきました。

f:id:katakorix:20190507130855j:plain

 

まずは、見た目が美しいのが良いですね。

 

味つけは少し甘すぎるので、甘いおかずが苦手な方は砂糖の量を調節した方が良さそうですが、後味の青じそとごまの風味はとても美味しかったです。

 

とにかく簡単で、ぱぱっと作れるので、人が集まるときの大皿料理としてオススメです。子供は特に喜ぶ味だと思いますよ。

 

栗原はるみ カテゴリー一覧

★★☆

この日は、他に「新緑の抹茶プリン」が紹介されました。