作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】「黄金だれII」を使った「肉じゃが」(大原千鶴)

2018年10月18日(再放送は10月19日、22日)の放送は、大原千鶴さんの「おいしいの素」です。今回はその中の「黄金だれⅡ」を使った「肉じゃが」の作り方を紹介します。 
f:id:katakorix:20181018192003j:image

 [黄金だれII 850kcal(全量)]

[肉じゃが 350kcal(1人分) 調理時間25分] 

 

大原千鶴さんの黄金だれの第二弾です。前回紹介した黄金ダレは、甘めのタレでしたが、今回のタレも使いやすそうですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は600円くらいです。
f:id:katakorix:20181018184037j:image

 

引用元:きょうの料理2018年10月号[雑誌]

黄金だれII(作りやすい分量)

・酒 ・・・カップ2

・しょうゆ ・・・カップ1/2

・砂糖 ・・・カップ1/2

 

肉じゃが(2人分)

・牛こま切れ肉 ・・・100g

・じゃがいも(メークイン) ・・・3コ(正味250g)

・たまねぎ ・・・(小)2コ(300g)

・にんじん ・・・60g

・さやいんげん ・・・2~3本

・黄金だれII(上記) ・・・カップ1/2

 

・粉ざんしょう ・・・適宜

 

作ってみた! 

すべての調味料を合わせ、砂糖を溶かすようによく混ぜる。保存期間は冷蔵庫で約1か月間です。

f:id:katakorix:20181018184050j:image

 !! 今回使う分(100㎖)だけでしたら、酒60㎖、しょうゆ30㎖、砂糖15㎖くらいです。

 

1.じゃがいもは皮をむいて大き目の一口大(4cm角ぐらいまでが目安)に切る。

f:id:katakorix:20181018184102j:image

 !! じゃがいもは煮くずれしにくいメイクイーンを使います。

 

たまねぎは2cm幅のくし形に切る。にんじんは小さめの乱切りにする。

f:id:katakorix:20181018184114j:image

 

2.いんげんはヘタと筋を取って小鍋でサッとゆで、斜め細切りにする。

f:id:katakorix:20181018184121j:image

 !! 彩り用のいんげんは冷凍が便利ですよ。そのまま切るだけでOK。 

 

3.鍋に牛肉と黄金だれIIを入れて中火にかけて混ぜ、

f:id:katakorix:20181018184137j:image

 

肉の色が変わったら、たまねぎを入れてざっと混ぜる。ふたをして強めの弱火にし、時々混ぜながらたまねぎがしんなりとするまで8~10分間ほど煮る。

f:id:katakorix:20181018184152j:image

  

4.3にじゃがいもとにんじんを加え、ふたをして野菜が柔らかくなるまで時々混ぜながら煮る。

f:id:katakorix:20181018184224j:image

 

5.器に盛っていんげんをのせ、好みで粉ざんしょうをふる。

 

食べてみた! 

この日は、漬物、しらすおろし、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。  
f:id:katakorix:20181018192014j:image

 

今回のタレは甘過ぎず、好きな味でした。今後、肉じゃがはこのレシピで作ろうと思います。甘めの肉じゃがが苦手な人には丁度良いと思いますよ。 

 

 

じゃがいもは、メイクイーンを使ったので、確かに煮くずれしにくく、形が残ったまま、しっとりとした状態で食べられました。面倒でも、肉じゃがにはメイクイーンを使ってくださいね。

 

★★★

大原千鶴 カテゴリーの記事一覧

この日は、他に「いわしのかば焼き」「かぼちゃとさつまいもの揚げ煮」「きのこのつくだ煮」「雷こんにゃく」「すき焼き」が紹介されました。