作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】「黄金だれ」を使った「鶏肉の照り焼き」(大原千鶴)

2018年4月19日(再放送は4月23日)の放送は、大原千鶴さんの「おいしいの素」です。今回はその中の「黄金だれ」を使った「鶏肉の照り焼き」の作り方を紹介します。 

「黄金だれII」を使った「肉じゃが」はこちらです。

f:id:katakorix:20180418222613j:plain

 [黄金だれ 480kcal(全量)]

[鶏の照り焼き 460kcal(1人分) 調理時間25分] 

 

みりんとうす口しょうゆを2:1で合わせた黄金だれを使った料理です。甘みのあるタレに鶏肉はテッパンですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は650円くらいです。

f:id:katakorix:20180418222634j:plain

 

引用元:きょうの料理2018年4月号[雑誌]

黄金だれ(作りやすい分量)

・みりん ・・・カップ1

・うす口しょうゆ ・・・カップ1/2

 

鶏肉の照り焼き

・鶏もも肉 ・・・(大)1枚(300g)

・黄金だれ(上記) ・・・80㎖

・ししとうがらし ・・・6本

・マッシュポテト

 ・じゃがいも(男爵) ・・・2コ(200g)

 ・牛乳 ・・・20~30㎖

 ・砂糖 ・・・小さじ1

 ・塩 ・・・小さじ1/4

・粉ざんしょう ・・・適宜

・塩、こしょう

 

作ってみた! 

清潔な保存瓶にみりんとうす口しょうゆを入れ、合わせ、黄金だれをつくる。保存期間は冷蔵庫で約1か月間です。

f:id:katakorix:20180417101934j:plain

 

1.マッシュポテトをつくる。じゃがいもは皮をむき、一口大に切って鍋に入れる。ヒタヒタの水と砂糖、塩を加えて中火にかける。

f:id:katakorix:20180418222732j:plain

 

沸いたら火を弱め、柔らかくなったら牛乳を加える。火を止めて、ハンディプロセッサーでなめらかにする。

f:id:katakorix:20180418222750j:plain

 !! ハンディプロセッサーは持っていないので、泡立て器でかき混ぜましたが、きれいに潰せましたよ。

 

2.鶏肉は両面に塩、こしょうを軽くふる。ししとうは竹串で数か所刺して穴をあける。

f:id:katakorix:20180418222807j:plain

 

3.表面加工のしてあるフライパンに鶏肉を皮を下にして入れ、ふたをして中火にかける。皮がこんがりとしたら裏返し、合計8分間ほど蒸し焼きにする。

f:id:katakorix:20180418222826j:plain

 

ふたを外して黄金だれを加える。

f:id:katakorix:20180418222849j:plain

 

4.タレが煮立ったらししとうを加え、肉の両面にたれをからめながら火を通す。タレがトロリと煮詰まったら火を止める。

f:id:katakorix:20180418222933j:plain

 

5.肉の粗熱を取り、食べやすく切って器に盛る。マッシュポテト、ししとうを添え、好みで粉ざんしょうをふる。

 

食べてみた! 

この日は、紫たまねぎの酢漬けを使った野菜サラダ、納豆、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20180418223104j:plain

 

前回(黄金だれを使った豚のしょうが焼き)はタレを煮詰めすぎて甘すぎたので、火加減に注意しました。今回は、ほんのりとした甘さで美味しかったです。

 

甘さの中にピリリと山椒が効いているのも、良い感じでした。できれば省略せずにふりかけてくださいね。

 

黄金だれはご飯に合いますが、マッシュポテトともよく合いますね。

 

★★★

大原千鶴 カテゴリーの記事一覧

この日は、他に「豚肉のしょうが焼き」「厚揚げの木の芽焼き」「たいの幽庵焼き」「たけのことこんにゃくのおかか煮」が紹介されました。