作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】新たまねぎと桜えびのかき揚げ(土井善晴)

2018年5月3日(再放送は5月7日)の放送は、土井善晴さんの「食べもののちから」です。今回はその中から「新たまねぎと桜えびのかき揚げ」の作り方を紹介します。 

f:id:katakorix:20180424143828j:plain

 [610kcal(1人分) 調理時間15分] 

 

たった大さじ3杯の油だけで作るかき揚げです。本当にそれでかき揚げができるのでしょうか??半信半疑で作ってみました。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(1人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は50円くらいです。

f:id:katakorix:20180424143844j:plain

 

引用元:きょうの料理2018年5月号[雑誌]

・新たまねぎ ・・・1/2コ(正味100g)

・桜えび(乾) ・・・10g

・衣

 ・卵水※ ・・・約85㎖

 ・小麦粉※※ ・・・50g

・ウスターソース・天つゆ ・・・各適宜

・サラダ油

※卵1コと氷水大さじ2を合わせる。

※※泡立て器で空気を入れるように混ぜておく。

 

作ってみた! 

1.たまねぎは皮をむき、約2cm四方の色紙切りにする。

f:id:katakorix:20180424143858j:plain

 

2.衣をつくる。ボウルに卵水を入れて泡立て器で混ぜ、小麦粉を加えてサックリと混ぜる。粉を加えたら、グルグル混ぜるのではなく、たたくようにしてなじませます。粘りを出さないようにします。

f:id:katakorix:20180424143913j:plain

 

3.2に1のたまねぎと桜えびを加えて合わせる。

f:id:katakorix:20180424143934j:plain

 

4.小さめのフライパン(直径20cm)にサラダ油大さじ3を中火で温め、3を流し入れて菜箸で広げる。

f:id:katakorix:20180424143947j:plain

 !! 小さめのフライパンを使うので、少ない油で揚げ物ができるんですね。

 

フライ返しで2~3度返しながら、こんがりと揚げる。油の温度が上がってパチパチとすれば、火は弱めます。油がとんで危ないので、フライパンをあおって返さないこと。

f:id:katakorix:20180424144008j:plain

 

5.ウスターソース、または天つゆを好みで添える。

  

食べてみた! 

この日は、たけのこご飯、味噌汁と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20180424144023j:plain

 

大さじ3杯の油で、かき揚げができちゃいました。これなら気軽に作れますね。

 

卵水に冷水を使ったり、たたくように混ぜたりというコツのおかげで、出来上がりは油っこく無く、サックリとしていましたよ。

 

新たまねぎの甘さと桜えびの香ばしさが良い感じです。ウスターソースともよく合いますね。

 

ただ、これで1人分とは・・・。1人で食べると、これだけでお腹がいっぱいになるのでシェアすることをおススメします。

 

★★★

土井善晴 カテゴリーの記事一覧

この日は、他に「さやいんげんのサラダ」「アスパラご飯」が紹介されました。