作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】さやいんげんのサラダ(土井善晴)


スポンサーリンク

2018年5月3日(再放送は5月7日)の放送は、土井善晴さんの「食べもののちから」です。今回はその中から「さやいんげんのサラダ」の作り方を紹介します。 

f:id:katakorix:20180424222242j:plain

 [190kcal(1人分) 調理時間20分] 

 

さやいんげんは、塩ゆでにして、おかかじょうゆと和えることが多いのですが、たっぷりの具材と和えてドレッシングで食べるのも良いですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(4人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は650円くらいです。

f:id:katakorix:20180424222301j:plain

 

引用元:きょうの料理2018年5月号[雑誌]

・さやいんげん ・・・200g

・卵 ・・・1コ

・新たまねぎ ・・・80g

・ハム ・・・40g

・エメンタールチーズ(すりおろす)※1 ・・・20g 

・しょうゆドレッシング

 ・オリーブ油 ・・・大さじ4

 ・パセリ(みじん切り) ・・・大さじ2

 ・米酢 ・・・大さじ1

 ・うす口しょうゆ ・・・大さじ1

・塩・黒こしょう(粗びき)

※1なければ好みのチーズをすりおろしてもよい。

 

作ってみた! 

パセリのみじん切りのつくり方

パセリは小さなブーケをつくるようにまとめ、指先で押さえて端から刻み、さらに細かいみじん切りにする。紙タオルで包んで水けをぎゅっと絞る。

f:id:katakorix:20180424222319j:plain

  !! パセリは洗って水けをとり、冷凍しておけば保存できますよ。

 

1.ゆで卵をつくる。鍋に卵とかぶるくらいの水を入れて強火にかけ、沸騰したら火を弱めて8分間ゆで、水にとって余熱をとる。冷めたら皮をむく。ゆで卵の時間は、沸騰してから正確にはかります。

f:id:katakorix:20180424222335j:plain

!! ゆで卵はこんな道具を使って作っています。水を入れてレンジで10分放置するだけで簡単に作れますよ。2~3コなら、この方が簡単。

 

2.さやいんげんはヘタを切り落とし、半分に切る。

f:id:katakorix:20180424222348j:plain

 

3.鍋に湯を沸かして塩適量を加えて、2を程よい堅さにゆで、氷を入れた冷水にとる。冷めたらざるに上げて水けをきる。サッとゆでただけだとアクが残るので鮮やかな緑になりません。

f:id:katakorix:20180424222403j:plain

 

4.たまねぎは皮をむき、繊維に沿って2mm厚さに切る。ハムはせん切りにする。

f:id:katakorix:20180424222416j:plain

 

5.大き目の器に3と4、チーズを入れ、ゆで卵をエッグカッター(または包丁)で粗みじん切りにして加える。

f:id:katakorix:20180424222430j:plain

!! エメンタールチーズはスーパーになかったので、細切りタイプの生で食べられるチーズを使いました。

 

6.しょうゆドレッシングの材料を混ぜ合わせる。

f:id:katakorix:20180424222445j:plain

 

7.食卓で5にドレッシングをかけて全体を混ぜ合わせ、黒こしょう適量をかけて、取り分ける。

f:id:katakorix:20180424222505j:plain

 

食べてみた! 

この日は、鶏ごぼうの混ぜご飯、わかめスープと一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20180425132029j:plain

 

卵、ハム、チーズといろいろな具材が入っているので、フランスパンなどを添えて、これをメインにして食べたいですね。

 

見た目も豪華で、食べ応えもあるので大満足です。豪華な割には20分程度あれば作れるので、また作りたいです!

 

★★★

  土井善晴 カテゴリーの記事一覧

この日は、他に「新たまねぎと桜えびのかき揚げ」「アスパラご飯」が紹介されました。