作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】ふきと鶏肉の煮物(奥村彪生)


スポンサーリンク

2018年4月10日(再放送は4月11日)の放送は、奥村彪生さんの「じぃじの四季 シニアだからわかる春の味」です。今回はその中の「ふきと鶏肉の煮物」の作り方を紹介します。 

f:id:katakorix:20180405224103j:plain

[1人分160kcal 調理時間35分] 

 

この時期しか出回らないふきは、下処理の方法がわからず、手を出したことがありませんでした。下処理方法を覚えたので、来年からは、春の味を楽しめそうです。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費はふき少な目、肉多めで550円くらいです。

f:id:katakorix:20180405222823j:plain

引用元:きょうの料理2018年4月号[雑誌]

・ふき(茎の部分) ・・・180g

・鶏もも肉 ・・・110g(1/2枚)

・しょうが(せん切り) ・・・5g

・A

 ・水 ・・・カップ1/2

 ・酒 ・・・大さじ4

 ・しょうゆ ・・・大さじ2

 ・砂糖 ・・・大さじ1と1/3

・木の芽 ・・・適宜

  

作ってみた! 

1.ふきは魚焼きグリルの長さに合わせて切り、約10分間焼く。水にとり、粗熱を取る。ふきはこんがりと色づくまで焼くことで水分が抜け、甘みが引き立つ。

f:id:katakorix:20180405222840j:plain

!! 下ゆでする場合は、太い部分で7分、細い部分で4分程度ゆでて、水にとって皮をむけば良いそうです。

 

鶏肉は縦半分に切り、さらに1.5cm幅の一口大に切る。

f:id:katakorix:20180405222906j:plain

 

2.1のふきは端から皮を約3cmはがし、まとめて持って一気に下まで引いてむき、水に約5分間浸す。

f:id:katakorix:20180405222926j:plain

 

水けを拭いて4cm長さに切り、太いものは縦に2等分に切る。

f:id:katakorix:20180405223003j:plain

 

3.鍋にAを入れて中火で煮立て、1の鶏肉、2のふき、しょうがを加える。

f:id:katakorix:20180405223020j:plain

 

再び煮立ったら弱火にし、落としぶたをして約10分間煮る。煮汁の表面がゆらぐくらいの火加減で、じっくりに含める。

f:id:katakorix:20180405223035j:plain

 

4.火を止めてそのまま人肌くらいまで冷まし、味を含ませる。器に盛って煮汁を注ぎ、好みで木の芽を手でたたいて添える。

f:id:katakorix:20180405223051j:plain

   

食べてみた! 

この日は、いんげんの五香味炒め、サラダ、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20180405222514j:plain

 

見た目は地味ですが、春らしく爽やかな一品ですね。

 

ほんのり苦いふきの味は、年に一度は味わいたいものです。とても簡単で、普通に美味しかったので、ぜひ来年以降も作りたいレシピです。

 

★★★

この日は、他に「ふきじゃこ」「クレソンと牛しゃぶのマヨポン」「葉わさびのいなりずし」が紹介されました。