作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】いんげんの五香味炒め(栗原はるみ)


スポンサーリンク

2018年4月12日(再放送は4月16日)の放送は、栗原はるみさんの「楽しい定番ごはん」です。今回はその中の「いんげんの五香味炒め」の作り方を紹介します。 

f:id:katakorix:20180405222135j:plain

[1人分120kcal 調理時間15分(干しえびを戻す時間は除く。)

 

五香味とは、細かく刻んだ、ねぎ・にんにく・しょうがと、干しえび、花椒など5種類の素材でつくるうまみの素だそうです。いろいろな料理に使えそうですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(4人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は少な目量で400円くらいです。

f:id:katakorix:20180405222154j:plain

引用元:きょうの料理2018年4月号[雑誌]

・さやいんげん ・・・400g

・五香味

 ・にんにく、しょうが(ともに細かいみじん切り) ・・・各大さじ2

 ・干しえび ・・・20g

 ・花椒(ホワジャオ/すり鉢ですりつぶす) ・・・大さじ1/2

 ・ねぎ(みじん切り) ・・・大2本分(200g)

・赤とうがらし(種を取って小口切り) ・・・適量

・サラダ油、塩、しょうゆ、ごま油

  

作ってみた! 

1.五香味をつくる。干しえびは大さじ1の水で戻し、粗みじん切りにする。

f:id:katakorix:20180405222236j:plain

!! にんにくは瓶詰の「きざみみにんにく」を使いました。

 

2.フライパンにサラダ油大さじ2を弱火で熱し、にんにく、しょうがを入れて炒める。香りがたったら干しえびを加えて炒め、花椒を加える。サラダ油大さじ1を足してねぎを加え、軽く混ぜてすぐ火を止める。

f:id:katakorix:20180405222213j:plain

 

3.いんげんはヘタと筋を取って斜め半分に切り、塩適量を加えた熱湯で1分30秒~2分間ゆでる。ざるに上げ、水けをよくきる。

f:id:katakorix:20180405222300j:plain

 

4.フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、いんげんを炒める。全体に油が回ったら、しょうゆ大さじ2~3を回し入れ、火を止めて軽く混ぜる。

f:id:katakorix:20180405222320j:plain

 

5.再び火をつけ、赤とうがらしを散らす。好みでごま油適量を回しかける。

f:id:katakorix:20180405222437j:plain

 

火を止めて五香味カップ1を加え、全体を軽く混ぜる。五香味は火を止めてから加え、混ぜすぎないようにする。

f:id:katakorix:20180405222453j:plain

   

食べてみた! 

この日は、ふきと鶏肉の煮物、サラダ、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20180405222514j:plain

 

五香味は、中華の雰囲気が強く好みの味でしたが、くせが強いので、後半は飽きてきてしまいました・・・

 

●栗原さんMEMO

残った五香味は、冷蔵庫で約3日間保存できます。冷ややっこにのせ、しょうゆをタラリとかけても。

f:id:katakorix:20180406213451j:plain

!! 五香味をサッポロ一番塩ラーメンに少し入れてみたら、本格的な味になって美味しかったですよ。パスタなどの隠し味にも使えそうですね。

 

★★☆

栗原はるみ カテゴリーの記事一覧

 この日は、他に「えびのチリソース ふんわり卵のせ」が紹介されました。