作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】なすのもち麦みそあん(平山由香)


スポンサーリンク

2017年9月25日(再放送は9月26日)の放送は、平山由香さんの「雑穀をおいしく!使いきりレシピ」です。今回はその中から「なすのもち麦みそあん」の作り方を紹介します。

 

f:id:katakorix:20170925125753j:plain

 

先日、初めてもち麦を食べて、プチプチとした食感がとても気に入りました。具だくさんなので、腹持ちも良さそうですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

食べてみた! 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は半量で150円くらいです。

f:id:katakorix:20170925125029j:plain

 

引用元:きょうの料理2017年9月号[雑誌]

・なす ・・・2コ

・豚ひき肉 ・・・60g

・ゆでたもち麦 ・・・60g

・青ねぎ ・・・20g

・トマト ・・・(小)1コ

・昆布の水だし※ ・・・カップ1/2

・A

 ・みそ、みりん ・・・各小さじ1

 ・しょうゆ ・・・小さじ1

・水溶きかたくり粉(かたくり粉を倍量の水で溶く) ・・・小さじ2強

・塩、ごま油

※細切り昆布10gを水1リットルに一晩つける。

 

作ってみた! 

●もち麦のゆで方●

1.鍋に水カップ6強(1250ml)と塩大さじ1と1/2を入れて強火にかけ、沸騰したらもち麦を加えて約20分間ゆでる。柔らかめが好みなら、さらに2~3分間ゆでる。

f:id:katakorix:20170919191249j:plain

!! 軸がけっこう美味しいんですよね。捨てずに使います。

 

2.ざるに上げ、水けをきる。

f:id:katakorix:20170919191305j:plain

 

粗熱が取れたら冷凍用保存袋に入れ、空気を抜きながら平らにする。1cmくらいの厚みが割りやすくて便利。冷凍庫で1か月間保存可能。煮物、汁物には使う分量を手で折りそのまま調理師、炒め物などは電子レンジ(600W)に1分間かけて解凍してから使用。3~4日間で食べきる場合は、密閉容器に入れて冷蔵庫へ。

f:id:katakorix:20170925125101j:plain

!! 冷凍保存できるので、ちょっとずつ味噌汁やスープに入れて使えますね。

 

1.なすはヘタを取って長さを半分に切り、縦に四つ割りにする。 

f:id:katakorix:20170925125130j:plain

 

青ねぎの白い部分は粗みじん切り、青い部分は小口切りにする。 

f:id:katakorix:20170925125238j:plain

 

トマトはヘタを取り、一口大に切る。

f:id:katakorix:20170925125255j:plain

 

2.表面加工してあるフライパンになすの皮を上にして並べ、中火で焼く。少し焼き色がついたら上下を返し、塩・ごま油各少々を加える。

f:id:katakorix:20170925125357j:plain

 

全体に油がなじむように炒め合わせ、取り出す。 

f:id:katakorix:20170925125421j:plain

 

3.2のフライパンにごま油少々を中火で熱し、ひき肉と1のねぎの白い部分を炒める。 

f:id:katakorix:20170925125443j:plain

 

ひき肉の色が変わったら昆布の水だしとゆでたもち麦を加え、ひと煮立ちさせたら、トマトとAを加えて軽く煮る。  

f:id:katakorix:20170925125512j:plain

 

4.2のなすを戻し入れてひと煮立ちさせ、水溶きかたくり粉を加えてとろみをつける。器に盛り、1のねぎの青い部分を散らす。 

f:id:katakorix:20170925125530j:plain

 !! とろみをつけ忘れました・・

 

食べてみた! 

この日は、お昼ご飯にいただきました。  

f:id:katakorix:20170925125613j:plain

 

和洋折衷でとても美味しかったです。ひき肉をツナ缶に変えたり、チーズを加えてるなど、いろいろなアレンジもできそうです。

 

お昼ご飯にいただきましたが、これだけでお腹いっぱいになりましたよ。ダイエットに良さそうです。

 

★★★

この日は、他に、「もち麦入り豚汁」「雑穀ライスサラダ」「雑穀香味みそ」「キヌアトマトの卵焼き」「しいたけのキヌア詰め」が紹介されました。

www.tsukuttemita.com