作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】炊き込みご飯(堀江ひろ子)を作ってみた!【父さんのきょうからキッチン】【NHK】

2020年10月17日(再放送は10月18日)のNHKきょうの料理は、堀江ひろ子さんが後藤さんに手解きする「父さんのきょうからキッチン」です。今回はその中から「炊き込みご飯」を実際に作ってみた!  

炊き込みご飯_完成

[◎350kcal ◎塩分1.6g ◎調理時間15分(炊く時間は除く。)]

 

秋の味覚がたっぷりつまった炊き込みご飯は、秋の定番ですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(3~4人分)

用意した材料はこんな感じ。 材料費は半量で200円くらいです。

炊き込みご飯_材料

 

引用元:きょうの料理2020年11月号[雑誌]

炊き込みご飯(3~4人分)

・米 ・・・360㎖(2合)

・昆布(5×10cm) ・・・1枚(4g)

・だし ・・・適量

・鶏もも肉 ・・・1/2枚(100~150g)

・ごぼう ・・・1/3本(50g)

・にんじん ・・・1/2本(80g)

・生しいたけ ・・・(小)6~8枚(120g)

・みつば(1~2cm長さに切る) ・・・適量

●しょうゆ・酒・塩

 

だし(つくりやすい分量)

・水 ・・・カップ4

・昆布(5×15cm) ・・・1枚(6g)

・削り節 ・・・10g

※でき上がりは約カップ3

 

作ってみた!   

How to「だしのとり方」

鍋に水と昆布を入れて強火にかけ、泡が出てきたら弱めの中火にして18分間煮出す。だし用のパック(不織布タイプ)に入れた削り節を加え、さらに2分間煮出す。火を止め、昆布と削り節を絞らずにそのまま取り出す。●冷蔵庫で2~3日間保存可能。

炊き込みご飯_1

!! 私はこのポットでだしを取っています。これなら1分できちんとした出汁が取れるので時短になりますよ。

 

  

「炊き込みご飯」をつくる。

[米を進水させる]

1.米は洗って炊飯器の内釜に入れ、規定の目盛りまでだし(約400㎖)を加え、昆布をのせておく。だしに昆布も足してうまみアップ!だしは、水と顆粒だしの素(和風)でもOK。

炊き込みご飯_2

  

[野菜を切る]

2.ごぼうはささがきに、ごぼうは皮の上から縦に5mm間隔の切り目を入れる。ごぼうの先をまな板につけたまま、少しずつ回しながら削る。水にさらさなくてもOK。

炊き込みご飯_3

 

にんじんは5mm厚さのいちょう形に切る。

炊き込みご飯_4

 

しいたけは軸を切り落とし、四つ割りにする。軸は石づきを除き、斜め薄切りにする。

炊き込みご飯5

 

[鶏肉に下味をつける]

3.鶏肉は1cm角に切り、しょうゆ・酒各大さじ1をもみ込む。鶏肉に下味をつけると、鶏肉が水っぽくならず、くせが取れる。

炊き込みご飯_6

 

4.にしいたけと軸を加えて混ぜる。しいたけと鶏肉を混ぜておくと、炊き上がったときに肉どうしがくっつきにくくなる。

炊き込みご飯_7

 

[炊く]

5.の昆布を1cm四方に切り、内釜に戻す。

炊き込みご飯_8

 

塩小さじ1/2、ごぼう、にんじんを加え、を汁ごとのせ、普通に炊く。具材を加え、混ぜずにそのまま炊く。混ぜると米が均一に炊けないことがある。

炊き込みご飯_9

 

6.炊き上がったら軽く混ぜる。器に盛り、みつばを散らす。 

炊き込みご飯_10

!! 今回は1合で作りました。我が家では、0.5合から炊ける、こんな炊飯器を使っています。これだと30分で炊き上がりますので、必ず1回ずつ炊いています。ご飯は絶対に炊きたてが美味しい!

 

 

 食べてみた! 

この日は、茶碗蒸し、サラダ、みそ汁と一緒にいただきました。

炊き込みご飯_食卓

 

全体的な味つけは濃すぎないけれども、物足りなくないのは、肉ときのこに下味をつけたからですね。

 

素朴で健康的な味が気に入りました。また作りたいです!

 

★★★

この日は、他に「茶碗蒸し」「ミルク茶碗蒸し」が紹介されました。