作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】ごぼうと干しえびの炊き込みご飯(松田美智子)

2018年10月31日(再放送は11月1日)の放送は、松田美智子さんの「秋の味覚を食べつくす ごぼう」です。今回はその中の「ごぼうと干しえびの炊き込みご飯」の作り方を紹介します。 
f:id:katakorix:20181031132013j:image

[400kcal(1人分) 調理時間30分(米を進水させる時間、ざるに上げておく時間は除く。)] 

 

風味の良いごぼうと干しえびの秋っぽい炊き込みご飯です。冷めてもおいしいそうなので、翌日はおむすびにするのもオススメだそうです。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(3~4人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は半量で150円くらいです。
f:id:katakorix:20181031130556j:image

 

引用元:きょうの料理2018年11月号[雑誌]

・ごぼう(30cm長さ) ・・・1本(100g)

・干しえび ・・・カップ1/4

・米 ・・・400㎖(カップ2)

・しょうが(みじん切り) ・・・大さじ1

・A

 ・水 ・・・カップ2

 ・酒 ・・・大さじ3

 ・みりん ・・・大さじ1

 ・ナムプラー ・・・大さじ2

 ・塩 ・・・少々

・細ねぎ(小口切り) ・・・適量

・ごま油

  

作ってみた! 

1.米は洗って5~10分間浸水させ、ざるに15分間上げておく。

f:id:katakorix:20181031130614j:image

 

2.ごぼうはしっかり洗い、5mm角に切る。干しえびは粗みじんに切る。

f:id:katakorix:20181031131511j:plain

 

3.土鍋(炒め調理が可能なタイプ/厚手の鍋でもよい)にごま油大さじ2としょうがを入れて強火にかけ、香りがたったら干しえびを加えて炒める。

f:id:katakorix:20181031131523j:plain

!! この時点で、既に良い香りが家中に漂っています。

 

ごぼうを加えてサッと炒めたら米を加え、全体がなじんだらAを加えて混ぜ、ふたをする。

f:id:katakorix:20181031130714j:image

 

一度沸いたらふたをあけて底から混ぜ、ごく弱火にしてふたをし、7~8分間炊く。ごぼうでうまみが増し、炊飯途中で底から混ぜることで炊きムラや味のムラがなく、均一に火が入る。

f:id:katakorix:20181031130725j:image

 

4.火を止め、5分間蒸らす。器に盛り、細ねぎを散らす。

f:id:katakorix:20181031130809j:image

 

食べてみた! 

この日は、ごぼうの梅きんぴら、味噌汁と一緒にいただきました。  
f:id:katakorix:20181031130824j:image

 

美味しかった!ごぼうと干しえびから大量の旨味が出ていて、ナンプラーも良い感じです。

 

冷めてから食べたら、お米がモチ米を使ったようにモチモチしていて、中華ちまきのような美味しさでした。思わずお替りしてしまいましたよ。

 

★★★

この日は、他に「ゴロゴロごぼうと豚バラの煮物」「ごぼうの梅きんぴら」「ヒラヒラごぼうチップス」「ごぼうカレー」が紹介されました。