作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】塩バター肉じゃが(小林まさみ)


スポンサーリンク

2018年3月20日(再放送は3月21日)の放送は、小林まさみさんの「新 家庭料理の定番60」です。今回はその中から「塩バター肉じゃが」の作り方を紹介します。 

f:id:katakorix:20180316192639j:plain

[1人分470kcal 調理時間30分] 

 

しょうゆを使わない塩味だけの肉じゃがです。しょうゆを使わないので焦げる心配がなく作りやすいですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は400円くらいです。

f:id:katakorix:20180316192324j:plain

 

引用元:きょうの料理2018年3月号[雑誌]

・じゃがいも ・・・2コ(約300g)

・たまねぎ ・・・1/2コ(100g)

・絹さや ・・・10~12枚

・豚バラ肉(薄切り) ・・・150g

・A

 ・水 ・・・カップ1と3/4

 ・酒 ・・・大さじ1

 ・塩 ・・・小さじ1

・バター、黒こしょう(粗びき)

 

作ってみた! 

1.じゃがいもは皮をむいて一口大に切り、10分間ほど水にさらす。たまねぎは薄切りにする。

f:id:katakorix:20180316192342j:plain

 

絹さやはヘタと筋を取り、小鍋に沸かした熱湯で色よくゆでる。水にとって冷まし、縦に細切りにする。豚肉は3~4cm長さに切る。

f:id:katakorix:20180316192410j:plain

!! 色が寂しい肉じゃがなので、絹さやは絶対に入れてくださいね。

 

2.鍋(直径20cm)にAを入れて混ぜる。水けをきったじゃがいも、たまねぎ、豚肉を加え、全体を混ぜる。

f:id:katakorix:20180316192431j:plain

 

強めの中火にかけ、ひと煮立ちさせたらアクを取り、落としぶたをする。煮ている間にたまねぎから水分が出るので、煮汁は少なめに感じても分量どおりに。具の頭が出るくらいでよい。

f:id:katakorix:20180316192449j:plain

 

3.中火で12~15分間、じゃがいもが柔らかくなるまで煮る。仕上げにバター大さじ1を加える。器に盛り、絹さやをのせて黒こしょう少々をふる。バターは最後に加えて溶かし、コクと風味を全体に行き渡らせる。

f:id:katakorix:20180316192508j:plain

 

食べてみた! 

この日は、パプリカときゅうりのマリネ、納豆、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20180316192529j:plain

 

しょうゆも砂糖も入っていないので、塩だけのシンプルな味付けがとても美味しく、ホッとする味です。

 

塩辛すぎるのは避けたかったので、若干、塩は控え目に入れましたが、丁度良かったです。塩の量は好みで加減した方が良いですよ。

 

★★★

この日は、他に「ふわトロ親子のっけ丼」が紹介されました。