作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】さわらの治部煮風(大原千鶴)


スポンサーリンク

2018年2月22日(再放送は2月26日)の放送は、大原千鶴さんの「もっと気軽に 魚介レシピ」です。今回はその中から「さわらの治部煮風」の作り方を紹介します。 

f:id:katakorix:20180221220505j:plain

 

[1人分290kcal 調理時間20分]

 

治部煮というと鶏肉や鴨肉を使いますが、さわらを使えば、かなりのカロリーダウンですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は650円くらいです。

f:id:katakorix:20180221220522j:plain

 

引用元:きょうの料理2018年2月号[雑誌]

・さわら(切り身) ・・・2切れ(180g)

・焼き豆腐 ・・・1/2丁(150g)

・ほうれんそう ・・・1/3ワ(80g)

・煮汁

 ・だし ・・・カップ1

 ・みりん ・・・大さじ2

 ・しょうゆ ・・・大さじ1

・もみじおろし

 ・大根おろし ・・・適量

 ・一味とうがらし ・・・少々

・柚子の皮 ・・・少々

・塩、かたくり粉

 

作ってみた! 

1.さわらは塩少々をふって10分間以上おき、出てきた水けを拭き取る。半分に切り、血合いの部分を切り落とし、厚みを半分に切る。

f:id:katakorix:20180221220608j:plain

!! うまく厚みを半分に切れませんでした。ちょっとボロボロに・・・

 

2.焼き豆腐は1.5cm厚さに切る。ほうれんそうは熱湯でゆでて水けを絞って4cm長さに切る。

f:id:katakorix:20180221220630j:plain

 

3.さわらの両面にかたくり粉を薄くまぶしつける。鍋に煮汁の材料と焼き豆腐を入れて中火にかけ、沸いたら火を弱めて2分間煮る。

f:id:katakorix:20180221220824j:plain

 

さわらを加えて1分間ほど煮て火を通す。

f:id:katakorix:20180221220738j:plain

 

4.3を器に盛り、2のほうれんそうを添える。もみじおろしの材料を混ぜ合わせてのせ、柚子の皮をあしらう。

f:id:katakorix:20180221220844j:plain

 

食べてみた! 

この日は、レンジだし茶碗蒸し、ほうれん草の胡麻和え、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20180221220902j:plain

 

さわらは血合いを取り除いているので、全く魚臭さがありません。短時間煮るだけなので、あっという間にできてしまうのも有難いですね。 

 

甘めの汁とさっぱりした「さわら」にピリ辛のもみじおろしがよく合います。残った汁をごはんにかけて食べたら、とても美味しかったです。さわらが安く手に入ったら、また作りたいです。

 

★★★

大原千鶴 カテゴリーの記事一覧

この日は、他に「さわらのホワイトマリネ」「さわらの木の芽焼き」「さわらと緑野菜のからしマヨネーズ」「さわらのジャーマンポテト」が紹介されました。