作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理 ビギナーズ】ねぎと鶏肉の串揚げ


スポンサーリンク

2018年2月7日、2月21日(再放送は2月8日、2月22日)の放送は、「たっぷり食べよう冬野菜おかず 主役で楽しむねぎ」の中から「ねぎと鶏肉の串揚げ」の作り方を紹介します。 

f:id:katakorix:20180206184203j:plain

[1人分420kcal 調理時間15分]

 

串揚げというと、何となく豚肉のイメージを持っていたのですが、安くて脂身の少ないささ身でできればお財布にも体にも優しいですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は300円くらいです。 

f:id:katakorix:20180206184227j:plain

 

引用元:きょうの料理ビギナーズ2018年2月号[雑誌]

・ねぎ ・・・1~1と1/2本(120g)

・鶏ささ身(筋なし) ・・・2本(120g)

・水溶き小麦粉

 ・小麦粉 ・・・カップ1/2

 ・水 ・・・カップ1/3

・パン粉 ・・・適量

・A

 ・トマトケチャップ ・・・大さじ1と1/2

 ・豚カツソース ・・・大さじ1と1/2

[常備品]塩、こしょう、サラダ油

 

作ってみた! 

1.下ごしらえする

ねぎは2cm長さに切り、18切れ用意する。ささ身は1本を6等分に切り、塩・こしょう各少々をふる。

f:id:katakorix:20180206184306j:plain

!! ささ身に塩とこしょうをし忘れましたが、ソースをかけて食べるので問題なかったです。

 

ねぎとささ身を交互に竹串に刺し、6本つくる。ねぎでささ身をはさむように交互に刺す。間をギュッと詰めると火が通りにくいので、軽く接するくらいお間隔にする。

f:id:katakorix:20180206184330j:plain

 

2.衣をつける

水溶き小麦粉をよく混ぜる。1を入れてからめ、小麦粉や溶き卵のかわりに水溶き小麦粉をからめる。パン粉がつきやすく、軽やかな味になる。

f:id:katakorix:20180206184346j:plain

!! 小麦粉をつけてから溶き卵をつけて・・・という手順がこれだけで良いのでラクチンですね。

 

パン粉をつける。バットにペーパータオルを敷き、その上にパン粉を広げる。1本ずつのせ、両手で包むようにするとつけやすい。

f:id:katakorix:20180206184400j:plain

 

3.揚げる

フライパンにサラダ油を1cm深さまで注ぎ、中火で170℃に熱し、2を3本入れる。

f:id:katakorix:20180206184443j:plain

 

約2分間揚げたら返し、さらに約2分間揚げる。カリッとして色づいてきたら取り出して油をきる。残りも同様に揚げる。器に盛り、Aを混ぜ合わせたソースを添える。

f:id:katakorix:20180206184501j:plain

 

食べてみた! 

この日は、ビールと一緒に、おつまみとしていただきました。  

f:id:katakorix:20180206184537j:plain

 

今後、我が家の串カツはささ身に決定です。ねぎで挟むと、あっさりしたささ身もコッテリ感じますね。ささ身で十分です。

 

揚げ物は面倒なので敬遠しがちですが、これは15分程度でできあがるので、それほど手間はかかりません。

 

★★★

この日は、他に「炒めねぎの豚肉のっけ」「ねぎの焼きびたし」が紹介されました。