作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】青菜の水ギョーザ(コウ静子)

2018年1月16日(再放送は1月17日)の放送は、コウ静子さんの「冬は青菜がいちばん!韓国風青菜料理」です。今回はその中から「青菜の水ギョーザ」の作り方を紹介します。

 
f:id:katakorix:20180113214729j:image

[全量1000kcal 調理時間45分]

 

煮干しだしのスープでいただく、小松菜を使った珍しい餃子です。青菜は春菊やせりでも良いそうですよ。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は600円くらいです。

f:id:katakorix:20180113195410j:plain

 

引用元:きょうの料理2018年1月号[雑誌]

・ギョーザの皮(市販) ・・・(大)20枚

・スープ

 ・煮干し ・・・10g

 ・A

  ・しょうゆ、酒、みりん ・・・各小さじ1

  ・塩 ・・・小さじ1/3

・タネ

 ・小松菜 ・・・250g

 ・えび(殻付き/無頭) ・・・(正味)100g

 ・豚ひき肉 ・・・100g

 ・ねぎ(粗みじん切り) ・・・大さじ3

 ・B

  ・しょうゆ、酒、ごま油 ・・・各大さじ1

  ・しょうが(すりおろす) ・・・小さじ1/2

  ・こしょう ・・・少々

・つけだれ

 ・みつば(ざく切り) ・・・3~4本分

 ・細ねぎ(1~2cm長さに切る) ・・・2本分

 ・しょうゆ、黒酢(または酢) ・・・各大さじ1

 ・白ごま ・・・小さじ1/3

 ・粉とうがらし ・・・小さじ1/4

・塩、酒

 

作ってみた! 

1.スープをつくる。煮干しはワタを除いて身を半運に裂き、水カップ2につけて1時間から一晩おく。つけ汁ごと鍋に入れて弱火で10分間ほど煮出し、紙タオルでこしてAを加える。

f:id:katakorix:20180113195435j:plain

 

2.タネをつくる。小松菜は粗みじん切りにする。塩小さじ1/2をふってもみ、5分間ほどおいて水けを絞る。

f:id:katakorix:20180113214314j:plain

 

3.えびは殻をむいて尾と背ワタを除き、塩、酒各少々をふって軽くもむ。5分間ほどおいてサッと洗い、水けを拭いて包丁で粗くたたく。

f:id:katakorix:20180113195837j:plain

!! えびは潰しすぎない方が食感が残って良いですね。

 

4.ボウルに豚ひき肉とえびを入れ、Bを加えて手で均一に混ぜる。

f:id:katakorix:20180113195856j:plain

 

小松菜とねぎを加え、さらによく練り混ぜる。

f:id:katakorix:20180113213931j:plain

 

5.ギョーザの皮1枚を手のひらにのせ、4のタネを大さじ1ほどのせる。

f:id:katakorix:20180113213957j:plain

 

皮の縁に水をつけ、半分に折ってしっかりと閉じ、

f:id:katakorix:20180113214029j:plain

 

左右の端を少し重ねて水をつけてとめる。皮の縁の中央から左右へと空気を抜きながら押さえていき、両端をクルリと合わせてとめる。

f:id:katakorix:20180113214042j:plain

 

6.1のスープは温めておく。つけだれの材料は混ぜ合わせておく。

f:id:katakorix:20180113214101j:plain

 

7.鍋にたっぷりの湯を沸かして5を入れ、火が通って浮き上がってくるまで約3分間ゆでる。器に盛ってスープを注ぎ、つけだれを添える。

f:id:katakorix:20180113214121j:plain

 

食べてみた! 

この日は、野菜スティックと一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20180113214154j:plain

 

小松菜のタネは歯にキュキュッと絡むところが、私は苦手でした。キャベツや白菜の方が好きです。

 

あと、タネ自体に十分に味がついているので、スープは邪魔でした。普通の餃子が食べたくなってきました。

 

★☆☆

この日は、他に「菜の花とたこの香味炒め」「豚肉とじゃがいものパクチー炒め」「ほうれんそうとくるみみそナムル」が紹介されました。