作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理 ビギナーズ】ハンバーグ(バツ江のスパルタ洋食塾)


スポンサーリンク

2017年10月30日、11月13日(再放送は10月31日、11月14日)の放送は、「バツ江のスパルタ洋食塾」の中から「ふっくらしないのはバツ!ハンバーグ」の作り方を紹介します。 

 

f:id:katakorix:20171025094220j:plain

  

ハンバーグはよく作りますが、いつもパサパサとしてしまいます。基本を覚えて、ふっくらしたハンバーグを作れるようになりたいですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は500円くらいです。

f:id:katakorix:20171025094248j:plain

 

引用元:きょうの料理ビギナーズ2017年11月号[雑誌]

・合いびき肉 ・・・250g

・たまねぎ ・・・1/2コ(100g)

・A

 ・生パン粉 ・・・カップ1/3強(15g)

 ・牛乳 ・・・大さじ1

 ・溶き卵 ・・・1/2コ分

 ・塩 ・・・小さじ1/3

 ・ナツメグ ・・・少々

 ・こしょう ・・・少々

・ソース

 ・水 ・・・大さじ2

 ・トマトケチャップ ・・・大さじ2

 ・ウスターソース ・・・大さじ1

・リーフレタス ・・・1~2枚

・ミニトマト ・・・4コ

[常備品]サラダ油

 

作ってみた! 

1.下ごしらえをする

たまねぎはみじん切りにする。繊維に沿って細かい切り込みを入れ、繊維が横になるように向きを変え、端から細かく切る。耐熱容器にたまねぎを入れてラップをし、電子レンジ(600W)に約2分30秒間かける。

f:id:katakorix:20171025095056j:plain

 !! 玉ねぎは炒めないので簡単ですね。

 

取り出してバットに移し、広げて冷ます。

f:id:katakorix:20171025103136j:plain 

2.肉ダネを混ぜる

ボウルにひき肉、冷ましたたまねぎ、Aを入れる。

f:id:katakorix:20171025095255j:plain

 

菜箸でよく混ぜる。ひき肉とほかの材料が混ざればよい。粘りが出るまで練り混ぜないので焼いた時に肉の食感が残る。

f:id:katakorix:20171025095410j:plain

 !! いつもは手で捏ねていましたが、手の熱で肉の脂が溶けてドロドロしてしまっていました。

 

3.形を整える

2等分にし、1つずつ両手でキャッチボールをするようにして手のひらに打ちつける。 

f:id:katakorix:20171025095703j:plain

  

手にのせ、小判型に調える。割れていたら手で押さえて表面をなめらかにする。

f:id:katakorix:20171025103158j:plain

 

4.焼く

フライパンにサラダ油小さじ1を中火で熱し、肉ダネを並べ入れる。中央を軽く押して少しくぼませる。

f:id:katakorix:20171025100004j:plain

 

下面に焼き色がついたら返す。 

f:id:katakorix:20171025100051j:plain

!! 火力が強すぎたようで、少々焦げてしまいました・・・

 

5.蒸し焼きにする

水大さじ2~3を加える。フライパンが大きい場合は水を多めにする。水の量は焼きあがるころになくなるくらいが理想。

f:id:katakorix:20171025100310j:plain

 

ふたをし、8~10分間蒸し焼きにする。様子を見ながら、水がなくなりそうになったら適宜足す。

f:id:katakorix:20171025100407j:plain

 

中央の厚いところに竹串を刺してみて、透明な汁が出たら焼き上がり。濁った汁が出たら、ふたをしてさらに約2分間焼く。火を止めて取り出し、器に盛る。 

f:id:katakorix:20171025100533j:plain

 

6.ソースをつくる

フライパンを傾けて残った脂を取り除く。

f:id:katakorix:20171025100642j:plain

 

ソースの材料を入れ、中火にかけて混ぜながら煮立てる。とろみがついたら火を止める。

f:id:katakorix:20171025100733j:plain

 

盛りつける

リーフレタスは食べやすい大きさにちぎり、ミニトマトはヘタを除く。盛りつけたハンバーグに添え、ソースをかける。

 

食べてみた! 

この日は、彩りきんぴら、小松菜のお浸し、ご飯、卵スープと一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20171025101007j:plain

 

明らかにいつものハンバーグよりもふっくらとして、ジューシーでした。具材の分量と、肉ダネの混ぜ方、焼き方のポイントを押さえた成果ですね。

 

今まで作ったハンバーグで一番おいしく作れたので、またこのレシピで作りたいです!

  

★★★

この日は、他に「煮込みハンバーグ」が紹介されました。