作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】きのこの土鍋ご飯(吉村昇洋)


スポンサーリンク

2017年10月23日(再放送は10月24日)の放送は、吉村昇洋さんの「滋味を味わう禅寺ごはん」です。今回はその中から「きのこの土鍋ご飯」の作り方を紹介します。

 

f:id:katakorix:20171020204145j:plain

 

きのこがたっぷりで秋らしい一品ですね。材料費も安いので、秋に一度は作りたいレシピです。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(3~4人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は200円くらいです。

f:id:katakorix:20171020211059j:image

 

引用元:きょうの料理2017年10月号[雑誌]

・米 ・・・360ml(2合)

・しめじ ・・・2/3パック(約60g)

・まいたけ ・・・1パック(約100g)

・干ししいたけ(だしをとって戻したもの) ・・・1枚

・油揚げ ・・・1/2枚(15g)

・昆布だし ・・・380ml

・塩、うす口しょうゆ

 

作ってみた! 

 ●昆布だしのとり方(2L分)

鍋に2Lの水を入れ、昆布1枚(15cm四方)をつけて3時間ほどおく。弱めの中火にかけ、沸騰する直前にふたをして火を止め、そのまま粗熱を取る。だしはペットボトルなどの容器に入れ、冷蔵庫で7日間ほど保存可能。昆布はエリンギの浅漬けに使うのでとっておく。 

f:id:katakorix:20171020204220j:plain

!! 一緒に「エリンギの浅漬け」を作れば2品できてしまうのが良いですね。

 

1.米は洗い、ボウルに入れてヒタヒタの水を加える。40分ほどおき、ざるに上げる。 

f:id:katakorix:20171020211145j:image

 

2.しめじは根元の方面の汚れを包丁でそいで取り除き、手でほぐす。まいたけは手で小さくちぎる。干ししいたけはかさと軸に分け、軸は堅い部分を削り、それぞれ薄切りにする。油揚げは5mm幅の細切りにする。 

f:id:katakorix:20171020204318j:plain

!! しめじは根元をザックリ落とさなくても、根元の汚れをそぎ落とす程度でいいんですね。 

 

3.フライパンに2を入れ、塩少々をふり、弱めの中火でしんなりするまで炒めて、きのこの風味を引き出す。 

f:id:katakorix:20171020204344j:plain

!! 事前にきのこを炒めて香りを引き出すのが、一つ目のポイントですね。

 

4.米を土鍋に入れ、昆布だし、うす口しょうゆ大さじ1、塩少々を加えて軽く混ぜ、3の半量を全体に広げる。 

f:id:katakorix:20171020204402j:plain

!! 炒めたきのこを半分残しておくのが、二つ目のポイントですね。

 

ふたをして中火にかけ、蒸気が勢いよく出たらごく弱火にし、13分間炊く。最後に3秒間強火にして火を止め、20分間蒸らす。 

f:id:katakorix:20171020204419j:plain

 

5.残りの3にうす口しょうゆ小さじ1を加えて混ぜ、炊き上がったご飯に加える。しゃもじでサックリと混ぜ、器に盛る。 

f:id:katakorix:20171020204434j:plain

  

食べてみた! 

この日は、かぼちゃと豚肉の煮物、きゅうりの浅漬け、大豆の酢醤油漬け、味噌汁と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20171020195207j:plain

 

味は薄めで大人の味です。子供や若い人には物足りないかもしれません。

 

行程は少ないですが、けっこう時間がかかるので、次回は無いかな・・・

 

★★☆

この日は、他に、「きのこのみそ天ぷら」「きのこのゼリー寄せ」「きのこのとろり汁」「エリンギの浅漬け」が紹介されました。

www.tsukuttemita.com