作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】とうがんと鶏肉のカレーうま煮(土井善晴)


スポンサーリンク

2018年9月6日(再放送は9月7日、10日)の放送は、土井善晴さんの「食べもののちから」です。今回はその中から「とうがんと鶏肉のカレーうま煮」の作り方を紹介します。 

f:id:katakorix:20180906190350j:plain

 [220kcal 調理時間:20分] 

 

このレシピは冬瓜を直に炒めるので簡単ですね。カレーとの相性は抜群です。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(4人分 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は多めの量で450円くらいです。

f:id:katakorix:20180906190402j:plain

 

引用元:きょうの料理2018年9月号[雑誌]

・とうがん ・・・約500g(正味350g)

・鶏もも肉 ・・・200g

・A

 ・酒 ・・・カップ1/3

 ・しょうゆ ・・・大さじ1

 ・砂糖 ・・・大さじ1

 ・カレー粉 ・・・大さじ1/2

・サラダ油、塩、かたくり粉、ごま油

 

作ってみた! 

1.とうがんはワタと種を除き、皮を厚めにむいて、1cm厚さの食べやすい大きさに切る。

f:id:katakorix:20180906190413j:plain

 

2.フライパンにサラダ油大さじ1、とうがんを入れて広げ、塩小さじ1/3弱をふり、中火で5~8分間焼き炒める。途中、手で水を数回ふり、蒸気を利用しながら火を通す。

f:id:katakorix:20180906190517j:image

 

3.鶏肉は包丁の歯元でたたいて柔らかくして、一口大に切る。

f:id:katakorix:20180906190532j:image

 !! 切ってある鶏肉を買えば簡単です。

 

4.とうがんの堅さを確かめて、火が通って柔らかくなっていれば取り出す。

f:id:katakorix:20180906190556j:image

 

サラダ油大さじ1を足して鶏肉の皮を下にして入れ、塩小さじ1/3弱をふって、中火で焼き炒める。

f:id:katakorix:20180906190612j:image

 

5.鶏に色がつき、七分どおり火が通ったらとうがんを戻し入れ、Aを加えてなじませる。

f:id:katakorix:20180906190648j:image

 

かたくり粉大さじ1/2を水大さじ1で溶いて加え、とろみをつける。ごま油大さじ1を加えて軽く混ぜ器に盛る。

 f:id:katakorix:20180906190628j:image

 

食べてみた! 

この日は、サラダ、ぬか漬け、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。  
f:id:katakorix:20180906190656j:image

 

とても美味しかったのですが、冬瓜に少し硬い部分がありました。冬瓜を焼く時に、もう少し水分を足した方が良かったようです。そこだけが少し残念です・・・

 

カレー味のコックリとした煮物なので、ご飯がモリモリ食べられます。食べ盛りのお子さんも喜ぶと思いますよ。

 

もちろん、大人も大満足のお味です。

 

  土井善晴 カテゴリーの記事一覧

★★☆

この日は、他に「とうがんのくず煮」「とうがんの含め煮(冷製)」が紹介されました。