作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】肉じゃが(松田美智子)

2017年9月13日(再放送は9月14日)の放送は、松田美智子さんの「和食スタイル」です。今回はその中から「肉じゃが」の作り方を紹介します。

 

f:id:katakorix:20170912101503j:plain

 

いつも適当につくるので、じゃがいもが煮くずれてドロドロになってしまうんですよね。ポイントを押さえれば煮くずれせずに作れるようなので、期待大です。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

●材料(4人分)

用意した材料はこんな感じ。 材料費は半量で600円くらいです。 

f:id:katakorix:20170912101715j:plain

 

引用元:きょうの料理2017年9月号[雑誌]

・じゃがいも(メークィン) ・・・500g

・牛もも肉(薄切り/5cm幅に切る) ・・・200g

・さやいんげん(長めの斜め薄切り) ・・・5本分

・しょうが(薄切り) ・・・10g

・A

 ・三温糖 ・・・大さじ1強

 ・水 ・・・カップ2

 ・酒 ・・・カップ1/4

・三温糖 ・・・適量

・ごま油、しょうゆ

 

●さっそく、作ってみた! 

1.じゃがいもは目の粗いスポンジなどを使って流水で洗う。縦方向に皮をむき、2~3等分の乱切りにして水にさらす。 

 

f:id:katakorix:20170912101803j:plain

 

面取りをし、そぎ取った細い部分はとっておく。煮くずれしにくいので、メークイーンを使う。 

f:id:katakorix:20170912101853j:plain

!! メークイーンは無かったので普通のじゃがいもです。面取り部分も活用するって珍しいですね。

 

2.土鍋(炒め調理が可能なタイプ)または厚手の鍋にごま油大さじ1を熱し、しょうがを強火で炒める。  

f:id:katakorix:20170912102020j:plain

 

香りがたってきたら牛肉、1のじゃがいも細い部分を加えて炒める。細い部分は煮るうちにくずれ、とろみになる。 

f:id:katakorix:20170912102043j:plain

!! 牛もも肉は高かったので、牛肩ロース肉を使いました。

 

3.肉の色が変わってきたら火を弱め、じゃがいも、Aを加える。  

f:id:katakorix:20170912102303j:plain

 

厚手の紙タオル(不織布タイプ)をのせ、鍋のふたをする。フツフツとしたら弱火にし途中で味をみて三温糖大さじ1~2を加える。紙タオルをのせることで、牛肉のアクが吸い取られる。 

f:id:katakorix:20170912102341j:plain

 

煮ている途中に紙タオルの上にさやいんげんをのせ、2~3分間加熱していんげんを取り出す。

f:id:katakorix:20170912102430j:plain

!! 豆の天ぷらは、揚げたてに塩をぱらっとふれば、おつまみになるそうですよ。食べてみたら美味しかったです。

 

4.じゃがいもに火が通ったら火を止めて粗熱を取る。再び弱火にかけ、しょうゆ大さじ2を加える。ふたをせずに、煮汁が約半量になるまで煮詰める。味をみて、しょうゆ大さじ1/2を加える。汁を煮詰めてじゃがいもの中まで味をしみ込ませ、最後のしょうゆで味をしめる。 

f:id:katakorix:20170912102449j:plain

 

5.器に盛り、いんげんをあしらう。

   

●食べてみた!

この日は、まぐろの山芋がけ、茹ブロッコリー、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20170912102520j:plain

 

じゃがいもはホクホクですが煮くずれせず、とても美味しくできました。面取り部分も、良い感じのトロミになっていましたよ。

 

玉ねぎやにんじん、白滝など余計な物が入っていないのが、かえってシンプルなじゃがいもの味を楽しめました。味つけも美味しかったです!

    

★★

この日は、他に、「里芋といかの煮物」「いろいろおいものグリル」「さつまいも和風グラタン」「里芋の漬物」が紹介されました。

www.tsukuttemita.com