作ってみた!

テレビの料理番組で紹介されたレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】ボイルドビーフのミネストローネ (土井善晴)


スポンサーリンク

2017年7月6日(再放送は7月10日)放送の土井善晴さんの「味こよみ」です。今回は、この中から「ボイルドビーフのミネストローネ 」を作ってみました。

 

f:id:katakorix:20170701202355j:plain

 

夏野菜たっぷりなので490kcalとカロリーも低めで健康的。今回は、お高い牛ヒレ肉ではなく、お安い鶏むね肉で挑戦しました。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(4人分) 

用意した材料はこんな感じ。材料費は鶏むね肉にしたおかげで800円くらいで収まりました。

f:id:katakorix:20170701202425j:plain

 

引用元:きょうの料理2017年7月号[雑誌]

・牛ヒレ肉(2cm厚さ) ・・・4切れ(1切れ約120g)

・たまねぎ ・・・1こ(250g)

・じゃがいも ・・・3~4個(400g)

・きゅうり ・・・3本(300g)

・パプリカ(赤) ・・・1コ(200g)

・トマト ・・・2個(360g)

・にんにく ・・・1かけ

・黒オリーブ ・・・8コ

・赤とうがらし ・・・3本

・パルメザンチーズ ・・・適宜

・塩、こしょう、オリーブ油

  

作ってみた! 

1.たまねぎは1cm角に、じゃがいもは皮をむいて1cm角に切る。きゅうりは両端を切り落としてところどころ皮をむき、1cm幅の小口切りにする。パプリカはヘタと種を取り除き、1cm四方に切る。オクラ、ズッキーニ、なすなど、いろいろ合わせえても。野菜の大きさは、スプーンに乗せて口に運ぶことを想像して切ります。

f:id:katakorix:20170701202530j:plain

!! きゅうりはズッキーニに、パプリカはピーマンで代用しました。

 

トマトは2~3cm角に切る。にんにくはたたいてつぶしてから粗く刻む。

f:id:katakorix:20170701202756j:plain

 

2.牛肉は塩・こしょう各適量をふり、10分間ほどおいて下味をつける。肉は柔らかい赤身のヒレ肉を選びました。

f:id:katakorix:20170701202641j:plain

!! 牛ヒレ肉は安い鶏むね肉で代用しました。

 

 3.鍋にオリーブ油大さじ4と1のにんにくを入れて中火で熱し、香りがたったらたまねぎ、きゅうり、パプリカを加えて少ししんなりするまで炒める。 

f:id:katakorix:20170701202712j:plain

 

4.3にじゃがいも、トマト、黒オリーブ、赤とうがらし、塩小さじ2/3、こしょう適量、水カップ3を加えて強火で煮る。沸騰したらアクを取り、そのまま強火で9~10分間煮る。強火で煮たてることでとろみがつき、スープが白濁します。

f:id:katakorix:20170701203122j:plain

 

5.スープを煮ている間に、牛肉1切れずつたこ糸(1本約80cm)をかけて結ぶ。片方の糸端は長く残しておく。

f:id:katakorix:20170701203300j:plain

 

6.4に5の肉を結んだたこ糸の長い糸端をまとめて持ち、野菜の間に埋め込むように入れて2分間煮る。火を止めて5~8分間ほどそのままおき、余熱でじわりと火を通す。 

f:id:katakorix:20170701203322j:plain

 

  7.たこ糸を引き上げて牛肉を取り出し、たこ糸を外して、器にミネストローネと一緒に盛りつける。肉にチーズをおろしかけて塩をつけ、オリーブ油をかけるなどしてお楽しみください。

   

食べてみた! 

この日は、キャロットラペ、すぐき漬け、ごはんと一緒にいただきました。

f:id:katakorix:20170701203458j:plain

 

牛ヒレ肉を鶏むね肉にアレンジしたので、全く違う料理になってしまいましたが、鶏むね肉には、十分に美味しく出来上がりました。(牛ヒレ肉なんて高くて買えません!)

余熱料理ですので、鶏むね肉でも、しっとりと仕上がりました。

 

今度、牛ヒレ肉が安く手に入ったら、ぜひ牛ヒレ肉で作ってみたいのです。