作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】しっとり鶏ロース(大原千鶴)を作ってみた!

2019年4月17日(再放送は4月19日、4月22日)の放送は、大原千鶴さんの「お助けレシピ 仕込みごはん」です。今回はその中から「しっとり鶏ロース」を実際に作ってみた!  

f:id:katakorix:20190416201303j:plain

[◎340kcal ◎塩分9.5g ◎調理時間20分(鶏肉をつけ汁につける時間、トマトに塩をしておく時間は除く。)]

 

表面を焼いて煮汁に漬けておくだけで、後は時間が美味しくしてくれる料理です。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分)

用意した材料はこんな感じ。 材料費は半量で300円くらいです。

f:id:katakorix:20190416125840j:plain

 

引用元:きょうの料理2019年4月号[雑誌]

・鶏むね肉 ・・・(小)2枚(400g)

         または(大)1枚。

・つけ汁

 ・水だし ・・・カップ2

 ・うす口しょうゆ ・・・160㎖

 ・みりん ・・・120㎖

・トマト ・・・1~2コ(200g)

・貝割れ菜、溶きがらし ・・・各適宜

●塩、こしょう

 

作ってみた! 

【水だし】をつくる。

 冷水ポットに削り節・煮干し各5g(だしパックに入れる)、昆布5gを入れて水2ℓを注いで3時間以上おくだけ。煮立てないので、くせのないうまみのあるだしになる。冷蔵庫で3日間保存可能。

f:id:katakorix:20190416203504j:plain

 

1.鶏肉を冷蔵庫から出し、10分間ほど室温におく。

f:id:katakorix:20190416125731j:plain

 

鍋につけ汁の材料を入れて中火にかける。

f:id:katakorix:20190416203510j:plain

!! できるだけ分厚い鍋が良いですね。

 

 2.鶏肉に塩・こしょう各少々をふってフライパンに入れ、中火で両面を色づく程度に焼きつける。

f:id:katakorix:20190416203441j:plain

 

 3.のつけ汁が沸いたら鶏肉を入れ、煮汁の余熱で中までゆっくり火が入るので、肉が堅くならない。

f:id:katakorix:20190416203449j:plain

  

ふたをして火を止める。粗熱が取れたら冷蔵庫に入れる。中まで火が入り、味がしみるまで8時間程度が目安。

f:id:katakorix:20190416203455j:plain

 

 4.トマトを1cm角に切り、塩小さじ1/4をふって全体を混ぜる。このまま10分間以上おき、トマトソースをつくる。1~4までを朝に仕込んでおくと良い。

f:id:katakorix:20190416203431j:plain

 

 5.の鶏肉を薄く切り、 をのせてつけ汁適量をかけ、あれば貝割れ菜とからしを添える。残ったつけ汁は煮物などに使うとよい。薄く斜めにそぎ切りにすると見た目も口当たりもよい。

    

食べてみた! 

この日は、豆腐の卵とろみ汁蒸し野菜 じゃこみそ添えと一緒にいただきました。 

f:id:katakorix:20190416201018j:plain

 

鶏肉はしっとりとして柔らかく、これは鴨ロース?と思ってしまうほど、高級な和食店で出てくるような味でした。トマトソースとも相性抜群でしたよ。

 

こんな美味しい料理が1人前300円くらいで出来てしまうなんて、うれしいですね。

 

冷たいメイン料理なので、これからの暑い日にはオススメの料理ですね。

 

大原千鶴 カテゴリーの記事一覧 

★★★

この日は、他に「豆腐の卵とろみ汁」「蒸し野菜 じゃこみそ添え」「さけのつけ焼き」が紹介されました。