作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】蒸し野菜 じゃこみそ添え(大原千鶴)を作ってみた!

2019年4月17日(再放送は4月19日、4月22日)の放送は、大原千鶴さんの「お助けレシピ 仕込みごはん」です。今回はその中から「蒸し野菜 じゃこみそ添え」を実際に作ってみた!  

f:id:katakorix:20190416201004j:plain

[◎90kcal ◎塩分0.9g ◎調理時間5分(カット野菜をつくる時間、じゃこみそをつくる時間は除く。)]

 

野菜は切って保存しておけば、忙しい時でも、すぐに使えますね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分)

用意した材料はこんな感じ。 材料費は150円くらいです。

f:id:katakorix:20190416201024j:plain

 

引用元:きょうの料理2019年4月号[雑誌]

・キャベツ ・・・1/4コ(正味200g)

・新たまねぎ ・・・1/2コ(正味50g)

・ピーマン ・・・1コ

・じゃこみそ(つくりやすい分量)

 ・ちりめんじゃこ ・・・大さじ2

 ・ごま油 ・・・大さじ1

 ・A

  ・みそ ・・・大さじ2

  ・青ねぎ(小口切り) ・・・40g

  ・すりごま(白) ・・・大さじ2

 

作ってみた! 

【自家製カット野菜】をつくる。

野菜は買ってきて最初に使うときにまとめて下処理を。細かく切らなくても、皮をむく、小房に分けるなど少しでもやっておくと便利。

 

1.キャベツは大き目のザク切り、たまねぎは縦1cm幅に切り、ピーマンは細切りにする。

f:id:katakorix:20190416201030j:plain

!! この状態でジプロックに入れておけば、使いたい時にすぐ使えますね。

 

【おいしいの素】をつくる。

時間のあるときに自家製合わせ調味料などの“おいしいの素”を多めにつくっておくと、蒸し野菜のようなシンプル料理でも手抜き缶のない一品に。このじゃこみそは、冷蔵庫で3週間保存可能。

 

2.じゃこみそをつくる。フライパンにごま油をひいて中火にかけ、ちりめんじゃこを入れて炒める。

f:id:katakorix:20190416201037j:plain

 

チリチリになったら、Aを加えてさらに炒め、

f:id:katakorix:20190416200907j:plain

 

全体がよくなじんだら火を止めて容器に移し、そのまま冷ましておく。1と2は時間のあるときに仕込んでおくとよい。

f:id:katakorix:20190416200916j:plain

 

3.フライパンをきれいにし、1の野菜を入れる。水大さじ2を上から回し入れ、

f:id:katakorix:20190416200925j:plain

 

ふたをして中火にかける。

f:id:katakorix:20190416200936j:plain

 

時々様子を見ながら、しんなりとするまで蒸し煮にする。

f:id:katakorix:20190416200946j:plain

 

4.を器に盛り、じゃこみそをつけて食べる。

 

食べてみた! 

この日は、しっとり鶏ロース豆腐の卵とろみ汁と一緒にいただきました。

f:id:katakorix:20190416201018j:plain

 

野菜は蒸すと甘みが増すので、香ばしい「じゃこみそ」と一緒に食べると、いくらでも食べられますね。

 

「じゃこみそ」は野菜スティックにつけたり、おにぎりの具にも使えそうです。

 

大原千鶴 カテゴリーの記事一覧 

★★☆

この日は、他に「しっとり鶏ロース」「豆腐の卵とろみ汁」「さけのつけ焼き」が紹介されました。