作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】サーモンのレモンバターソース(タサン志麻)を作ってみた!【料理上手への道】【NHK】【伝説の家政婦 志麻さん】

2021年6月7日(再放送は6月8日)のNHKきょうの料理は、タサン志麻さんの「タサン志麻の料理上手への道 1日目 段取りUP!スピード2品おかず」です。今回はこの中でで紹介した「サーモンのレモンバターソース」を実際に作ってみた!  

サーモンのレモンバターソース_完成

[◎410kcal ◎塩分1.6g ◎調理時間15分]

 

レンチン料理なのに、見た目も豪華ですね。魚が苦手な子供にもオススメだそうですよ。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分)

用意した材料はこんな感じ。 材料費は500円くらいです。

サーモンのレモンバターソース_材料

 

引用元:きょうの料理2021年6月号[雑誌]

・サーモン(切り身) ・・・2切れ(200g)

・チンゲンサイ ・・・1ワ(200g)

・たまねぎ ・・・1/4コ分(50g)

・白ワイン(または酒) ・・・カップ1/2

・レモン汁 ・・・1/2コ分

●バター・塩・黒こしょう(粗びき)

※生ざけでもよい。

 

作ってみた!    

1.チンゲンサイは四つ割りにする。

サーモンのレモンバターソース_1

 

たまねぎは縦に薄切りにする。バターは40gを1.5cm角に切る。

サーモンのレモンバターソース_2

 

サーモンは水けを拭き、両面に塩・黒こしょう各適量をふる。

サーモンのレモンバターソース_3

 

2.耐熱皿にたまねぎを敷き、サーモンをのせる。あいたところにチンゲンサイを並べる。白ワインを回しかけ、サーモンはたまねぎにのせて蒸すと、うまみアップ。

サーモンのレモンバターソース_4

!! 白ワインはかなり多めですね。
  

ラップをふんわりとし、電子レンジ(600W)に4分間かける。

サーモンのレモンバターソース_5

 

皿の向きを変え、再び4分間かける。

サーモンのレモンバターソース_6

 

3.サーモンとチンゲンサイを器に盛り(やけどに注意)、残ったたまねぎを蒸し汁ごと小鍋に移し、強火にかける。サーモンのうまみが詰まった蒸し汁をソースに活用。風味やコクがグンと増す。

サーモンのレモンバターソース_7

 

約1/3量まで煮詰めたら、中火にしてのバターを加え、よく混ぜる。

サーモンのレモンバターソース_8

 

溶けたら火を止め、レモン汁を加えて混ぜ、サーモンとチンゲンサイにかける。

サーモンのレモンバターソース_9

!! レモン汁は市販の果汁を使用しました。 

 

食べてみた!

この日は、蕪のサラダ、納豆、ご飯、みそ汁と一緒にいただきました。

サーモンのレモンバターソース_食卓

 

とても簡単なのに、見た目も豪華なので、是非リピートしたいです。

 

サーモンはふわふわで、レモンバターソースも爽やかで美味しかったのですが、バターの量に驚いてしまいます。でも、これくらい入れるから本格的な味になるんですね。

 

ただ、付け合わせの青梗菜は変色してしまうし、筋が食べずらいのでイマイチでした。次回は付け合わせをインゲンやブロッコリーなどに変えて作ろうと思います。

  

★★☆

この日は、他に「洋風トマト冷しゃぶ&野菜のコンソメスープ」「志麻さんの肉野菜炒め」「ツナキムチ冷ややっこ」が紹介されました。