作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理ビギナーズ】ポークジンジャーを作ってみた!


スポンサーリンク

2018年11月27日、12月11日、12月25日(再放送は11月28日、12月12日、12/26)の放送は「つくってみたい!ごちそう洋食」の中から「ポークジンジャー」を実際に作ってみました。
f:id:katakorix:20181205214659j:image

[1人分460kcal(マッシュポテトは除く) 調理時間20分(豚肉を常温に戻す時間は除く)]

 

すりおろした生姜と玉ねぎをたっぷり使ったソースが決め手の洋食です。醤油味なので、ご飯にもよく合いますね。

 

でも、肝心のお味は・・・

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は650円くらいです。 

f:id:katakorix:20181205215746j:plain
 

引用元:きょうの料理ビギナーズ2018年12月号[雑誌]

・豚ロース肉(豚カツ用) ・・・2枚(250g)

・しょうが ・・・15g

・たまねぎ ・・・1/2コ(100g)

・にんにく ・・・(小)1かけ

・A

 ・はちみつ ・・・大さじ1と1/2~2

 ・白ワイン ・・・大さじ1と1/2

 ・しょうゆ ・・・大さじ1と1/2

・マッシュポテト ・・・全量

・パセリ ・・・適量

[常備品]塩、こしょう、小麦粉、サラダ油

 

作ってみた! 

●下ごしらえをする●

1.豚肉は冷蔵庫から出して常温に戻す。

2.たまねぎは丸ごと1コをすりおろして分量を用意する。丸ごとのほうが、おろしやすい。

f:id:katakorix:20181205215806j:plain

 

しょうが、にんにくもすりおろす。

f:id:katakorix:20181205214845j:image
!! チューブの生姜とにんにくを使えば、さらに時短できますね。

 

3.豚肉はキッチンばさみで赤身と脂身の間の筋を4~5か所切る。筋を切ると焼いたときに反り返りにくくなる。

f:id:katakorix:20181205214824j:image

 

4.塩・こしょう各少々をふり、小麦粉適量をまぶし、軽くはたいて薄くつける。 

f:id:katakorix:20181205215833j:plain

 

●焼く●

5.フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し豚肉を盛り付けるときに表になる面を下にして並べ入れる。

f:id:katakorix:20181205214909j:image

 

6.焼き色がついたら返し、弱めの中火にして約2分間焼く。

f:id:katakorix:20181205214940j:image

火を止めて取り出す。 

f:id:katakorix:20181205214926j:image

 

●仕上げる●

7.ペーパータオルで余分な脂を拭き、

f:id:katakorix:20181205215000j:image

2、Aを入れて中火にかける。フライパンの底をこそげながら煮立て、弱めの中火にして混ぜながら約2分間煮詰める。

f:id:katakorix:20181205215014j:image

 

8.6を戻し入れ、1~2度返してからめる。器に盛り、マッシュポテトとパセリを添え、フライパンに残ったソースをかける。

f:id:katakorix:20181205215027j:image

!! 今回はマッシュポテトは割愛しました。

 

食べてみた! 

この日は、ポテトサラダ、ほうれん草のお浸し、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。   

f:id:katakorix:20181205214621j:plain

 

味が濃いので、普通のご飯の量ではソースが余ってしまいます。普通のご飯の量では、ごはんをおかわりしたくなりますよ。

 

また、ソースは少し濃いめの味つけで、玉ねぎとにんにくのエグミも少し残っていますので、子供はダメでしょうね。ご飯はたっぷり食べれる味つけなので、体育会系や中高生男子にはオススメです。

 

同じ材料なら、ダブルたまねぎの豚しょうが焼きの方が断然美味しかったです。

 

★★☆

この日は、他に「マッシュポテト」「チーズポークソテー」が紹介されました。