作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理ビギナーズ】いわしの梅煮


スポンサーリンク

2018年10月4日、10月18日(再放送は10月8日、10月22日)の放送は「シンプルでもごちそう! 下処理もマスター いわし」の中から「いわしの梅煮」の作り方を紹介します。 
f:id:katakorix:20180926133619j:image

[1人分200kcal 調理時間25分]

 

梅で鰯の魚臭さが抑えられ、食べやすくなりますね。時々、イワシが安く売っているので、そんな時に作りたいレシピです。

 

でも、肝心のお味は・・・

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は多めの量で450円くらいです。 
f:id:katakorix:20180926134232j:image
 

引用元:きょうの料理ビギナーズ2018年10月号[雑誌]

・いわし ・・・4匹(400g)

・梅干し ・・・2コ

・しょうが ・・・15g

・A

 ・酒 ・・・カップ1/4

 ・しょうゆ ・・・大さじ1と1/2

 ・砂糖 ・・・大さじ1

 ・酢 ・・・大さじ1/2

  

作ってみた!

1.下ごしらえをする

いわしは頭を切り落とし、内臓を除く。切り口から内臓を少し引き出し、そのまま包丁の先で押さえながらいわしを引いて内臓を除く。

f:id:katakorix:20180926134254j:image

 

水でよく洗い、水けを拭く。

f:id:katakorix:20180927105713j:image

 !! ここで内臓をきれいに取り除かないと、生臭さの原因になります。

 

しょうがは薄切りにする。

f:id:katakorix:20180926134305j:plain

 

2.煮る

フライパンにしょうが、水カップ1、Aを入れて中火にかけ、煮立ったらいわしを並べ入れ、スプーンで煮汁をかける。梅干しを加え、

f:id:katakorix:20180926134351j:image

オーブン用の紙で落としぶたをする。落としぶたをして煮汁を行き渡らせる。いわしは煮くずれしやすいので、返さずに煮る。

f:id:katakorix:20180926134414j:image

 

弱めの中火にし、時々煮汁をかけながら13~15分間煮る。煮汁が多ければ少し煮詰める。

f:id:katakorix:20180927105725j:image

 

食べてみた!

この日は、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。   
f:id:katakorix:20180926134423j:image

鰯が6匹で398円だったので、6匹で作りました。梅干しも入った濃いめの味付けなので、多めに作って、次の日のお昼ごはんにもなったので、コスパの良い料理ですね。

 

鰯の下処理は面倒ですが、一気にやってしまえば、それほどの負担にはなりませんし、スーパーで内臓を取ってもらえば、なお簡単ですね。

 

梅の風味で魚臭さがなく、ご飯が進む、秋らしい一品です。

 

★★☆

この日は、他に「いわしのかば焼き」「いわしの青じそはさみ揚げ」が紹介されました。