作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理ビギナーズ】夏のすき焼き


スポンサーリンク

2018年8月7日、8月8日(再放送は8月21日、8月22日)の放送は「夏のスピード昼ご飯&夕ご飯 “めんつゆ”でラクラク!」の中から「夏のすき焼き」の作り方を紹介します。 
f:id:katakorix:20180803095731j:image

[1人分380kcal 調理時間20分]

 

牛肉と豆腐、野菜を煮て、めんつゆで味付けするだけです。めんつゆを使うので、味は失敗しませんね。

 

でも、肝心のお味は・・・

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は1000円くらいです。
f:id:katakorix:20180803095749j:image

引用元:きょうの料理ビギナーズ2018年8月号[雑誌]

・牛切り落とし肉(すき焼き用) ・・・150g

・さやいんげん ・・・80g

・たまねぎ ・・・1/2コ(100g)

・みょうが ・・・3コ

・木綿豆腐 ・・・1/2丁(150g)

・めんつゆ(市販/ストレート) ・・・カップ1/2

・牛脂 ・・・適量(サラダ油でもよい)

[常備品]みりん

  

作ってみた!

●下ごしらえをする●

1.いんげんはヘタと筋を取り、長さを半分に切る。たまねぎは繊維に沿って7mm幅に切る。みょうがは縦4等分に切る。牛肉は5cm幅に切る。

f:id:katakorix:20180803095806j:image

!! 牛肉はこま切れ肉だったので、そのまま使いました。 

 

2.豆腐はペーパータオルで包んで水けを取り、4等分に切る。

f:id:katakorix:20180803095818j:image

 

●焼く●

3.フライパンに牛脂(またはサラダ油小さじ1)を中火で熱し、牛肉を広げながら入れる。サッと焼き色がついたら上下を返し、反対側も同様に焼く。

f:id:katakorix:20180803095833j:image

 

4.牛肉を寄せ、あいているところに、豆腐、たまねぎ、いんげんを加える。時々上下を返しながら2分間焼く。

f:id:katakorix:20180803095851j:image

 

5.めんつゆとみりん大さじ2を回し入れ、ふたをして5分間ほど中火で煮る。

f:id:katakorix:20180803095905j:image

 

6.最後にみょうがを加え、5分間ほど煮る。器に盛り、煮汁を回しかける。

f:id:katakorix:20180803095914j:image

 

食べてみた!

この日は、枝豆、きゅうりの糠漬け、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。   
f:id:katakorix:20180803095922j:image

めんつゆを使えば、甘辛味とだしの味がついているので、失敗がありませんね。みりんを加えただけなのに、ちょうど良い味になっていました。

 

いんげんやミョウガは高ければ、他の野菜でも良いと思いますよ。

 

簡単なのですぐに作れますね。

 

★★☆

この日は、他に「鶏肉と夏野菜の南蛮漬け」「あじのチーズかば焼き」が紹介されました。