作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】ばぁばの牛たたき(鈴木登紀子)

2018年7月9日(再放送は7月10日)の放送は、鈴木登紀子さんの「ばぁばの四季 夏はいと涼しげに」です。今回はその中から「ばぁばの牛たたき」の作り方を紹介します。 
f:id:katakorix:20180707213443j:image

 [190kcal 調理時間35分(肉を常温に戻す時間、焼いてから冷まし、落ち着かせる時間は除く。] 

 

牛たたきは、暑い夏を乗り切るには最適なおかずですよね。フライパンで作れるお手軽さも魅力です。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(3~4人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は850円くらいです。
f:id:katakorix:20180707213507j:image

 

引用元:きょうの料理2018年7月号[雑誌]

・牛もも肉(塊)※ ・・・300g

・A

 ・酒 ・・・大さじ3

 ・しょうゆ ・・・大さじ2

・薬味

 ・にんにく(すりおろす) ・・・1かけ分

 ・しょうが(すりおろす) ・・・10g

 ・細ねぎ(小口切り) ・・・適量

・貝割れ菜(根元を切る) ・・・適量

・溶きがらし ・・・適量

・塩、こしょう、サラダ油

※3.5×5×15cm程度の大きさが作りやすい。

 

作ってみた!

1.牛もも肉は常温に戻す。塩小さじ2/3、こしょう少々をふり、ペタペタとたたきつけてなじませる。

f:id:katakorix:20180707213541j:image

 

2.フライパンにサラダ油大さじ1と1/2を熱し、中火でゆっくりと肉の全ての面に焼き目をつける。

f:id:katakorix:20180707213552j:image

!! 小さい側面も忘れずに焼き目をつけてくださいね。

 

3.火を止め、合わせたAをかける。

f:id:katakorix:20180707213643j:image

 

4.ふたをし、ごく弱火にして3~5分間蒸し焼きにする。フライパン用のふたがない場合は、ステンレスのボウルなどを使うとよい。

f:id:katakorix:20180707213711j:image

 

ふたをはずして肉を裏返し、さらにふたをして3~5分間蒸し焼きにする。

f:id:katakorix:20180707213752j:image

 

5.肉を容器に取り出す。

f:id:katakorix:20180707213805j:image

 

残った焼き汁を軽く煮詰め、

f:id:katakorix:20180707213814j:image

 

肉にかける。十分に冷めたら冷蔵庫に1時間以上おいて落ち着かせる。焼きあがってすぐは切りにくいので、冷蔵庫で休ませる。

f:id:katakorix:20180707213833j:image

 

6.肉を薄く切り、器に盛る。薬味を等分にのせ、からしと貝割れ菜をあしらう。きゅうり(分量外)を飾り切りにして、からし台にしてもよい。

f:id:katakorix:20180707213908j:image

 

食べてみた! 

この日は、天むすと一緒にいただきました。  
f:id:katakorix:20180707213916j:image

 

意外と簡単なので、ささっと作れます。肉を休ませる時間が必要なので、午前中のうちに作っておけば、夜には豪華な夕飯にありつけます。

 

 

牛ももの塊肉が安売りしていたら、必ず作るべき一品です。購入するとお高いですが、自分で作ればコスパが良いですよね。

 

暑い夏には薬味をたっぷり添えていただくと、食欲も増しますね。

 

★★★

この日は、他に「彩り冷やし鉢」「こんにゃくと夏野菜の南蛮みそ」「枝豆のすり流し」が紹介されました。