作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】ドライマーボー(枝元なほみ)


スポンサーリンク

2018年7月3日(再放送は7月4日)の放送は、枝元なほみさんの「パワーチャージおかず 2日目 ピリ辛」です。今回はその中から「ドライマーボー」の作り方を紹介します。 

f:id:katakorix:20180624081157j:plain

 [420kcal 調理時間20分(豆腐を水切りする時間は除く。)] 

 

豆腐は煮込まずにをカリッと焼いて、南蛮そぼろと炒め合わせた、ちょっと変わった麻婆豆腐です。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は250円くらいです。

f:id:katakorix:20180624081332j:plain

 

引用元:きょうの料理2018年6月号[雑誌]

・木綿豆腐 ・・・1丁(300g)

・南蛮そぼろ

 ・豚ひき肉 ・・・150g

 ・しめじ ・・・(大)1/2パック(約80g)

 ・にんにく、しょうが(それぞれみじん切り) ・・・大さじ1/2

 ・A

  ・紹興酒(または酒) ・・・大さじ2

  ・ナムプラー ・・・大さじ1~1と1/2

 ・豆板醤(トーバージャン) ・・・小さじ1弱

 ・花椒(ホワジャオ) ・・・小さじ1/2

・細ねぎ ・・・2本

・ごま油(白) ・・・大さじ2

 

作ってみた! 

1.豆腐を耐熱皿にのせ、ラップをせずに電子レンジ(600W)に2分間かける。厚手のさらなどをのせておもしをし、20分間ほどおいて水切りをする。しっかりと水きりをしてから焼くことで、表面がカリッとする。

f:id:katakorix:20180624081349j:plain

 

しめじは石づきを除き、粗みじん切りにする。花椒はざっと刻む。細ねぎは小口切りにする。

f:id:katakorix:20180624081408j:plain

 

3.1の豆腐は2cm角に切る。フライパンにごま油大さじ1を強めの中火で熱し、紙タオルで豆腐を拭きながら並べ入れる。2分間ほど焼き、下側に焼き色がついたらざっと混ぜ、さらに1~2分間焼いて取り出す。豆腐はいじると水けが出やすいので、焼き色がつくまでじっくりと焼く。

f:id:katakorix:20180624081455j:plain

 

4.3のフライパンにごま油大さじ1、にんにく、しょうがを入れて中火で熱し、香りがたったらひき肉を加え、ほぐしながら炒める。

f:id:katakorix:20180624081649j:plain

 

肉の色が変わったらしめじを加え、しんなりとするまで炒める。

f:id:katakorix:20180624081618j:plain

 !! しめじを入れることで、よりカリッとさせるんですね。

 

Aを加えて味を調え、鍋肌に豆板醤を加えて炒め合わせる。豆板醤は鍋肌に加えて炒めると、風味がよくたつ。

f:id:katakorix:20180624081715j:plain

 

5.花椒と3の豆腐を加えて混ぜ合わせ、器に盛って細ねぎを散らす。

f:id:katakorix:20180624081733j:plain

 

食べてみた! 

この日は、焼きなす、玉子豆腐、納豆、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20180624003248j:plain

 

ナムプラーが入ることで、中華料理というよりも、アジア料理という感じです。

 

とろみがついたマーボー豆腐もよいですが、たまにはカリッとしたマーボー豆腐も良いですね。ただ、少々食べずらいので、ご飯にかけたり、スプーンで食べることをおススメします。

 

★★☆

この日は、他に「えびのから揚げチリソース」「キムチギョーザ」「にんにく豚カツ」「じゃがいものスパイシー炒め」「砂肝のピリ辛オイル煮」が紹介されました。