作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】「たまねぎの洋風ピクルス」を使った「たまねぎのシュークルート風」(どいちなつ)

2018年5月21日(再放送は5月22日)の放送は、どい ちなつさんの「自家製ピクルスで毎日のおかず」です。今回はその中の「たまねぎの洋風ピクルス」を使った「たまねぎのシュークルート風」の作り方を紹介します。 

f:id:katakorix:20180520200049j:plain

[たまねぎの洋風ピクルス 100kcal(全量) 調理時間10分(ピクルス液とたまねぎの粗熱を取る時間、ピクルスをなじませる時間は除く。)]

[たまねぎのシュークルート風 300kcal(1人分) 調理時間25分(余熱で味を似含ませる時間は除く)] 

 

シュークルートとは、キャベツの漬物で作るフランスの郷土料理だそうです。このレシピは、甘酸っぱいたまねぎでアレンジしたものだそうです。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は100円+250円くらいです。

f:id:katakorix:20180520200111j:plain

 

引用元:きょうの料理2018年5月号[雑誌]

たまねぎの洋風ピクルス(作りやすい分量)

・たまねぎ ・・・1コ

・ピクルス液

 ・米酢 ・・・カップ1

 ・白ワイン ・・・大さじ4

 ・砂糖 ・・・大さじ3

 ・黒こしょう(粒) ・・・10粒

 ・ローリエ ・・・2枚
・塩

 

たまねぎのシュークルート風(2人分)

・たまねぎの洋風ピクルス ・・・(汁けをきる)150g

・じゃがいも ・・・1コ(150g)

・にんじん ・・・1/3本(50g)

・ウインナーソーセージ ・・・6本

・にんにく ・・・1かけ

・A

 ・白ワイン ・・・カップ1/2

 ・たまねぎの洋風ピクルスに漬けたローリエ ・・1枚

 ・たまねぎの洋風ピクルスに漬けた黒こしょう ・・5粒

・パセリ(みじん切り) ・・・少々

・粒マスタード ・・・適量

・オリーブ油、塩、黒こしょう(粗びき)

 

作ってみた! 

たまねぎの洋風ピクルスをつくる。

1.ピクルス液をつくる。鍋にピクルス液のすべての材料を入れ、中火にかける。砂糖が溶けたら火を止めて、粗熱を取る。ピクルス液が熱いと、瓶に入れたときに水蒸気がたまり水っぽくなる。

f:id:katakorix:20180518111045j:plain

 

2.たまねぎは縦に半分に切って根元の堅いところを取り除き、繊維に沿って2mm幅の薄切りにする。

f:id:katakorix:20180518111107j:plain

 

3.鍋に水カップ5と塩1つまみを入れて中火にかけ、沸いたら2のたまねぎをサッとゆでてざるに上げる。 

f:id:katakorix:20180518111449j:plain

 

粗熱を取り、紙タオルで水けをしっかり拭く。たまねぎの水けが残っているとピクルス液がうすまるので、しっかり拭きとる。

f:id:katakorix:20180518111158j:plain

 

4.清潔な保存瓶に3のたまねぎを入れ、1を注ぐ。冷蔵庫で一晩なじませる。

f:id:katakorix:20180518111216j:plain

 

※冷蔵庫で約10日間保存可能。

f:id:katakorix:20180518124009j:image

 

たまねぎのシュークルート風をつくる。

1.じゃがいもは皮をむいて半分に切る。にんじんは皮をむいて縦に四つ割りにする。にんにくは薄切りにする。

f:id:katakorix:20180520200137j:plain

 

2.鍋にオリーブ油少々とにんにくを入れ、中火にかける。香りがたったら、たまねぎの洋風ピクルスを加えて炒め、

f:id:katakorix:20180520200201j:plain

 

1のじゃがいもとにんじん、ソーセージ、水カップ1、Aを加える。

f:id:katakorix:20180520200217j:plain

 

3.煮立ったらアクを取る。ふたをして弱火にし、煮汁が少なくなり、野菜が柔らかくなるまで約20分間煮る。味をみて塩少々で調え、火を止める。ふたをし、余熱で味を煮含ませる。

f:id:katakorix:20180520200235j:plain

 

4.器に盛り、黒こしょう少々をふる。パセリを散らし、粒マスタードを添える。

f:id:katakorix:20180520205518j:plain

 !! パセリは冷凍しておいたものを使いました。こうしておくと、少量使う時に便利ですよ。

 

食べてみた! 

この日は、ピーマン炒め、ご飯、納豆と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20180520200254j:plain

 

ピクルスを使っているので当然なのですが、かなり酸っぱいです。見た目がポトフのようなので、ポトフの味を想像していると、びっくりしますよ。

 

たまねぎは煮くずれてしまって食べにくいのが難点ですね・・・

  

★★☆

この日は、他に「厚揚げのたまねぎ香味だれ野菜3種の中国風ピクルス」「ピクルスのサンラータン「チーズ春巻ピクルス入りスイートチリソース」「きのこのカレーピクルス」「きのこのパングラタン」「ベトナム風お好み焼き」が紹介されました。