作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】黒こしょうたっぷり あさりの酒蒸し(髙城順子)

2018年5月15日(再放送は5月16日)の放送は、髙城順子さんの「香りでひと味アップ!2日目 スパイス」です。今回はその中から「黒こしょうたっぷり あさりの酒蒸し」の作り方を紹介します。 

f:id:katakorix:20180514183459j:plain

 [40kcal 調理時間15分] 

 

あさりの酒蒸しには黒こしょうを合わせると、ピリッとした大人の味になるそうですよ。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は400円くらいです。

f:id:katakorix:20180514183516j:plain

 

引用元:きょうの料理2018年5月号[雑誌]

・あさり(砂抜きしたもの) ・・・400g

・にんにく・しょうが ・・・各1/2かけ

・豆苗(トーミョー) ・・・1/2袋

・黒こしょう(粗びき) ・・・適量

・酒、塩

 

作ってみた! 

1.あさりは殻と殻をこすり合わせて洗い、水けをきる。

f:id:katakorix:20180514183532j:plain

 

2.にんにくは縦半分に切って芯を除き、みじん切りにする。しょうがはせん切りにする。豆苗は根元を切り落とす。

f:id:katakorix:20180514183547j:plain

 

3.鍋に酒大さじ3、塩少々を入れて強火にかける。沸騰したらあさりとにんにく、しょうがを加えて豆苗をのせ、ふたをして3~4分間蒸し煮にする。

f:id:katakorix:20180514183603j:plain

 

4.あさりの口が開いたら、ふたを取ってすぐに火を止め、黒こしょうをふって混ぜる。仕上げにふる黒こしょうは、粒をペッパーミルでひくのがおすすめ。ひきたては、香りのよさが断然違います。

f:id:katakorix:20180514183618j:plain

 

器に盛り、好みでさらに黒こしょう適量をふる。

 

食べてみた! 

この日は、ビールと一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20180514183633j:plain

 

いつもの酒蒸しに豆苗を入れるだけで、豪華なおつまみになりますね。 

 

あさりの酒蒸しは残ったスープが勿体無いですが、豆苗がスープを吸うので、スープも余すところなく味わえました。

 

黒こしょうをたっぷりかけて、大人の味になりました。

 

★★☆

この日は、他に「牛肉とスナップえんどうの黒こしょう炒め」「鶏のから揚げ五香粉風味」「鶏レバーの五香粉煮」「ひじきと豚肉のガラムマサラ煮」「かじきのガラムマサラ焼き」が紹介されました。