作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】つゆだく筑前煮(斉藤辰夫)

2018年5月7日(再放送は5月8日)の放送は、斉藤辰夫さんの「初夏のシンプル和食」です。今回はその中から「つゆだく筑前煮」の作り方を紹介します。 

f:id:katakorix:20180427212955j:plain

 [230kcal(1人分) 調理時間20分] 

 

野菜たっぷりのひき肉を使った筑前煮です。ひき肉と春野菜なので、短時間で火が通るのも良いですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2~3人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は650円くらいです。

f:id:katakorix:20180427212341j:plain

 

引用元:きょうの料理2018年5月号[雑誌]

・鶏ひき肉 ・・・150g

・春にんじん ・・・1/2本(100g)

・新ごぼう ・・・1本(130g)

・れんこん ・・・1/2節(80g)

・こんにゃく ・・・(小)1枚(150g)

・グリーンアスパラガス(太いもの) ・・・3本

・だし ・・・カップ2

・しょうが汁 ・・・小さじ2

・ごま油、みりん、砂糖、しょうゆ、うす口しょうゆ

 

作ってみた! 

1.にんじんは乱切りにする。ごぼうはよく洗い、れんこんは皮をむいてともに一口大の乱切りにし、サッと水にさらして水けをきる。

f:id:katakorix:20180427212403j:plain

 

2.こんにゃくはスプーンで一口大にちぎり、サッとゆでてざるに上げる。

f:id:katakorix:20180427212423j:plain

 

3.アスパラガスはピーラーで根元の堅い皮を少しむき、乱切りにする。

f:id:katakorix:20180427212442j:plain

 

4.フライパンにごま油小さじ2を入れて中火にかけ、ひき肉を炒める。ひき肉はあまり細かくせず、少し塊を残して食べごたえを出す。

f:id:katakorix:20180427212510j:plain

 !! これは良いアイデア。火が通り易いだけではなく、ひき肉なので肉のうま味も全体に広がりますね。

 

5.ひき肉の色が変わったら、1、2を加えて炒め、だし、みりん・砂糖各大さじ1と1/2を加える。

f:id:katakorix:20180427212538j:plain

 

沸いてきたらアクを取ってオーブン用の紙で落としぶたをし、弱めの中火で5分間煮る。むらなく煮汁が行き渡って味がしみるように、落としぶたをする。

f:id:katakorix:20180427212556j:plain

 

6.5にしょうゆ大さじ1と1/2、うす口しょうゆ大さじ1を加えて、さらに5~6分か煮る。

f:id:katakorix:20180427212621j:plain

 

アスパラガスを加えて1~2分間煮て、しょうが汁を加える。

f:id:katakorix:20180427213035j:plain

 

食べてみた! 

この日は、モロキュー、大根の煮物、ご飯と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20180427212644j:plain

 

甘辛のこってりとした筑前煮はあまり好きではないのですが、このレシピはサラッとした爽やかな味付けでした。最後に入れたしょうが汁もポイントですね。

 

野菜がたっぷり食べられるのが良いですね。カロリーも低く(230Kcal)、短時間で作れるのもポイントが高いです。

 

★★★

この日は、他に「から揚げ南蛮」「牛たけごぼうのうま煮」「新じゃがと豚バラ肉の重ね蒸し」「かぶらのサッと漬け」「レタスとわかめのスープ煮」が紹介されました。