作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】新ごぼうと新しょうがのきんぴら(ワタナベマキ)

2018年5月1日(再放送は5月2日)の放送は、ワタナベマキさんの「新緑おでかけレシピ」です。今回はその中から「新ごぼうと新しょうがのきんぴら」の作り方を紹介します。 

f:id:katakorix:20180425172146j:plain

 [360kcal(1人分) 調理時間30分] 

 

フレッシュな新ごぼうと爽やかな新生姜を使った、春にしか食べられないきんぴらです。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(4人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は200円くらいです。

f:id:katakorix:20180425162644j:plain

 

引用元:きょうの料理2018年5月号[雑誌]

・新ごぼう ・・・1本

・新しょうが ・・・60g

・赤とうがらし(種を除いて小口切り) ・・・1/3本分

・ナムプラー ・・・大さじ1

・白ごま ・・・小さじ2

・ごま油、酒、みりん

 

作ってみた! 

1.ごぼうは皮をこそげて細いせん切りにする。しょうがはスプーンで皮をこそげ、せん切りにする。

f:id:katakorix:20180425162703j:plain

 

合わせてボウルに入れて水にサッとつけ、水けをしっかりときる。

f:id:katakorix:20180425162718j:plain

 

2.フライパンにごま油小さじ2を中火で熱し、1のごぼうとしょうがをいれ、しんなりするまで炒める。

f:id:katakorix:20180425162736j:plain

 !! 炒めすぎに注意です。

 

3.ごぼうが透き通ってきたら、赤とうがらし、酒・みりん各大さじ1、ナムプラーを加える。

f:id:katakorix:20180425162752j:plain

 

汁けがなくなるまで炒め、白ごまを加えてざっと炒める。

f:id:katakorix:20180425162807j:plain

 

食べてみた! 

この日は、鶏ごぼうの混ぜご飯スナップえんどうとえびのマヨ炒めと一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20180425172320j:plain

 

ごぼうは新ごぼうなのでゴボウっぽくなく、新しょうがの爽やかな風味が際立っています。

 

きんぴらですが、甘辛ではなくナンプラーで味付けしていますので、所謂きんぴらとは全く違う味がします。

 

新生姜のレシピはあまり見かけないので、貴重ですね。

 

 

★★☆

この日は、他に「春の豆ちらし」「そら豆と生ハムのクレソンご飯」「ささ身ときゅうりの和風マリネ」が紹介されました。