作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】鶏ひき肉の青じそ炒めご飯(加藤美由紀)

2018年4月11日(再放送は4月12日)の放送は、加藤美由紀さんの「絶品 持ち寄り肉おかず」です。今回はその中の「鶏ひき肉の青じそ炒めご飯」の作り方を紹介します。 

f:id:katakorix:20180406154837j:plain

[1人分560kcal 調理時間20分] 

 

タイ料理のガパオライスのバジルを青じそに替えたレシピです。ちぎったレタスとご飯と一緒にのせてパーティー料理になりますが、丼に持って温泉卵をのせて、お昼ごはんにするのも良いですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2~3人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は半量で500円くらいです。

f:id:katakorix:20180406154857j:plain

引用元:きょうの料理2018年4月号[雑誌]

・鶏ひき肉 ・・・400g

・たまねぎ ・・・1/2コ

・ピーマン(赤) ・・・3コ

・にんにく ・・・2かけ

・赤とうがらし ・・・1~2本

・青じそ ・・・20枚

・うずらの卵(水煮) ・・・3コ

・A

 ・オイスターソース ・・・大さじ2

 ・ナムプラー(またはしょうゆ) ・・・大さじ1

 ・はちみつ ・・・小さじ2

 ・塩 ・・・1つまみ

・サニーレタス ・・・3枚

・ご飯(温かいもの) ・・・お茶碗約2杯分

・ごま油

  

作ってみた! 

1.たまねぎは1cm角に切る。ピーマンはヘタと種とワタを除いて小さめの乱切りにする。

f:id:katakorix:20180406154932j:plain

 

にんにくは芽があれば除いてみじん切りにする。赤とうがらし料理ばさみで縦半分に切り、はさみの先で種を除いてから小口切りにする。青じそは手でちぎる。うずらの卵は縦半分に切る。

f:id:katakorix:20180406154955j:plain

!! にんにくのみじん切りはきざみにんにく、唐辛子も細かく切ってあるものを使えば簡単です。

 

2.フライパンにごま油大さじ2、にんにく、赤とうがらしを入れて中火にかける。にんにくが薄いきつね色になったら、ひき肉、たまねぎ、ピーマンを加えて炒める。

f:id:katakorix:20180406155038j:plain

 

3.全体がパラッとするまで5~6分間ほど炒めたら、Aを加えて混ぜる。仕上げに、青じそを加えてひと混ぜする。

f:id:katakorix:20180406155056j:plain

 

4.サニーレタスを食べやすくちぎって器に敷き、ご飯を盛る。3ののせて、うずらの卵を添える。

 

食べてみた! 

この日は、パーティー風に少量ずつ盛ってみました。  

f:id:katakorix:20180406155113j:plain

 

赤ピーマンは普通の緑色のピーマンでもよいのですが、彩りを考えると、やはり赤ピーマンを用意した方がよいですね。

 

バジルよりも安く手に入る青じそを使えば、手軽に作れますね。味も本場すぎず、丁度良かったです。

 

温玉のっけ丼にアレンジ!

器にご飯、鶏ひき肉の青じそ炒め各適量を盛り、温泉卵をのせるアレンジもおすすめ。卵をからめながらどうぞ。

f:id:katakorix:20180406213847j:plain

!! 温玉とは、とても合いますね。ペロリと平らげてしまいました。子供も大好きな味だと思いますよ。

 

★★★

この日は、他に「鶏肉のトマトケチャップ煮込み」「手羽中のベスト3種盛り」「豚天 うますぐレモンねぎソース」「煮豚のトロッとたまねぎ添え」が紹介されました。