作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】牛肉のソテーとバターライス(白井操)


スポンサーリンク

2018年3月21日(再放送は3月22日)の放送は、程一彦&白井操さんの「楽しいご飯の時間」です。今回はその中の「牛肉のソテーとバターライス」の作り方を紹介します。 

f:id:katakorix:20180320183158j:plain

[1人分680kcal 調理時間35分] 

 

牛肉はシンプルに焼いただけが一番おいしいですよね。このレシピは、牛肉を焼いたフライパンでバターライスを作って、牛肉の肉汁を余すところなく楽しめるのが良いですね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は2,000円くらいです。奮発しました!

f:id:katakorix:20180320183214j:plain

 

引用元:きょうの料理2018年3月号[雑誌]

・牛ロース肉(薄切り) ・・・200g

・にんじん、ブロッコリー ・・・各70g

・A

 ・固形スープの素(洋風) ・・・1コ

 ・白ワイン ・・・大さじ1

・たまねぎ ・・・130g

・生しいたけ ・・・4枚

・にんにく ・・・1/2かけ

・B

 ・しょうゆ ・・・小さじ1/2

 ・塩 ・・・適量

 ・こしょう ・・・少々

・ご飯(温かいもの) ・・・茶碗2杯

・パセリ(みじん切り) ・・・適量

・塩、こしょう、サラダ油、バター

 

作ってみた! 

1.にんじんは1cm厚さの輪切りにして皮をむく。ブロッコリーは小房に分ける。

f:id:katakorix:20180320183314j:plain

 

2.鍋ににんじん、水カップ1と1/2、Aを入れて中火にかけ、煮立ったらブロッコリーを加える。ブロッコリーや柔らかくなったら取り出し、にんじんはそのまま弱火で煮る。竹串を刺してスッと通ったら火を止め、冷ましながら味をなじませる。

f:id:katakorix:20180320183328j:plain

 

3.たまねぎは粗みじん切りにする。耐熱容器に入れ、ふんわりラップをかけて電子レンジ(600W)に2分間かける。

f:id:katakorix:20180320183359j:plain

 

しいたけは石づきを除いて粗みじん切りにする。にんにくは芽を除いてみじん切りにする。

f:id:katakorix:20180320183431j:plain

 

4.牛肉は大きめに切って塩・こしょう各少々で下味をつける。

f:id:katakorix:20180320183444j:plain

 

5.鍋に湯を適量沸かして火を止める。金属製のボウルを鍋に重ね、温めておく。

f:id:katakorix:20180320183500j:plain

!! これで焼いた肉を温かいまま保存するそうです。

 

6.2の野菜を皿に盛る。フライパンにサラダ油少々を中火で熱し、4の牛肉の両面を焼く。5のボウルに移し、肉が冷めないように温めておく。

f:id:katakorix:20180320183523j:plain

 

7.6のフライパンにバター10gを入れ、弱めの中火にかけ、3のしいたけを入れて炒める。たまねぎとにんにくを加えて炒め、Bで味をつけて炒め合わせる。ご飯とパセリを加えて混ぜ、6の皿に肉とともの盛る。

f:id:katakorix:20180320192919j:image

 

食べてみた! 

この日は、カイワレ大根、味噌汁と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20180320183614j:plain

 

牛肉はサッと焼いただけが一番おいしいですね。おいしい肉汁はバターライスにすれば、2倍おいしさを楽しめます。

 

ちょっと高い牛肉を食べるなら、ステーキ肉は焼き方が難しいので、薄切り肉をサッと焼いた方が失敗がありませんね。

 

付け合わせ野菜も、スープの素と白ワインで煮ているので、高級な味になっていましたよ。

 

★★★

この日は、他に「たいの豪華炊き込みご飯」「えびマヨ&えびチリ紅白仕立て」「かきと帆立のカナッペ」が紹介されました。