作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】かきの昆布バター蒸し(土井善晴)


スポンサーリンク

2018年3月8日(再放送は3月12日)の放送は、土井善晴さんの「味こよみ」です。今回はその中から「かきの昆布バター蒸し」の作り方を紹介します。 

 
f:id:katakorix:20180228221648j:image

 

[1人分130kcal 調理時間10分] 

 

栄養価が高く、意外に値段は高くないカキは、調理方法がわからず使ったことがありませんでした。このレシピは蒸すだけなので、誰でも簡単に作れますよ。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は400円くらいです。

f:id:katakorix:20180301115127j:plain

 

引用元:きょうの料理2018年3月号[雑誌]

・かき(加熱用) ・・・250g

・昆布(約15cm四方) ・・・1枚

・ポン酢しょうゆ、大根おろし、青ねぎ(小口切り)、七味とうがらし ・・・各適量

・塩、バター、酒

 

作ってみた! 

1.かきは薄い塩水でふり洗いする。塩水をかえながら、

f:id:katakorix:20180301115149j:plain

 

ひだの間の汚れを丁寧に取り、ざるに上げて水けをきる。

f:id:katakorix:20180301115220j:plain

 

2.フライパンに昆布を敷いてかきを並べ入れ、バター10gをのせて酒大さじ4を加える。

f:id:katakorix:20180301115233j:plain

 

3.ふたをして強火で2~3分間蒸し煮にし、

f:id:katakorix:20180301115247j:plain

!! だしと卵液は別々にこすのが普通ですが、合わせてからこすので、ラクチンですね。

 

 

ふたを取って汁けをとばす。蒸し汁がトロリとしたら昆布ごと皿に取り出し、ポン酢しょうゆ、大根おろし、青ねぎ、七味とうがらしを添えてアツアツを食べる。煮詰めながら昆布とバターを香ばしく焼きつけるとおいしいです。昆布もおいしく食べられます。

f:id:katakorix:20180301115302j:plain

 

 

食べてみた! 

この日は、せん切り新じゃがのたらこマヨあえと一緒にいただきました。   
f:id:katakorix:20180228204624j:image

 

とにかく簡単で、たった10分でできあがります。

 

昆布とバターと酒は本当に合いますね。面倒だったら、薬味はなくても昆布のだしが出ているので、十分においしいですよ。

 

昆布もおいしく、ペロリといただきました。

 

★★★

土井善晴 カテゴリーの記事一覧

この日は、他に「ご飯のグラタン」「さけのアーモンド焼き」「菜の花の卵炒め」が紹介されました。