作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】ダブルたまねぎの豚しょうが焼き(飛田和緒)

2018年3月7日(再放送は3月8日)の放送は、飛田和緒さんの「ときめく春野菜レシピ」です。今回はその中から「ダブルたまねぎの豚しょうが焼き」の作り方を紹介します。 

f:id:katakorix:20180301183826j:plain

[1人分320kcal 調理時間25分] 

 

新玉ねぎは軽く炒めると甘みが出て抜群に美味しいですよね。しょうが焼きのタレにも加えるとうま味が倍増して、新玉ねぎの美味しさを余すところなくいただけますね。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は300円くらいです。

f:id:katakorix:20180301183843j:plain

 

引用元:きょうの料理2018年3月号[雑誌]

・新たまねぎ ・・・(大)1コ(300g)

・豚ロース肉(厚切り) ・・・2枚

・A

 ・砂糖、酒、しょうゆ ・・・各大さじ1

 ・しょうが(すりおろす) ・・・1かけ分

・塩、こしょう、かたくり粉、サラダ油 

 

作ってみた! 

1.豚肉は常温に戻す。ボウルにAを合わせる。たまねぎは1/4コをすりおろしてAにくわえ、たまねぎしょうがだれをつくる。

f:id:katakorix:20180301183927j:plain

!! 玉ねぎ1/4コはすりおろし難いですが、がんばっておろしました。

 

残りのたまねぎはくし形に切ってからばらす。

f:id:katakorix:20180301183944j:plain

 

 

2.1の豚肉を筋切りする。塩・こしょう各少々をふり、全体にかたくり粉を薄くまぶす。

f:id:katakorix:20180301184004j:plain

 

3.フライパンにサラダ油小さじ1を熱し、2の豚肉を中火で焼く。両面にこんがりと焼き色がついたら取り出す。

f:id:katakorix:20180301184018j:plain

 

4.フライパンにくし型のたまねぎを入れて炒め、塩2つまみをふって混ぜ、取り出す。具のたまねぎは炒めすぎず食感を残し、たまねぎだれは煮立てて甘みを凝縮させる。

f:id:katakorix:20180301184033j:plain

 

続いて、1のたまねぎしょうがだれを入れて煮立たせ、豚肉を戻し入れてよくからめる。

f:id:katakorix:20180301184157j:plain

 

5.肉を器に盛ってたまねぎをのせ、たれをかける。

 

食べてみた! 

この日は、豆苗とセロリとハム炒め、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。  


f:id:katakorix:20180301193531j:image

 

しょうが焼きは、生姜だけでなくたまねぎもおろして加えると深い味になりますね。

 

これだけですと、少々濃いめの味付けですが、シャキシャキした甘い新玉ねぎと一緒に食べると丁度良い塩梅になって、ご飯もすすみます

 

厚めの肉は噛み切りにくいので、一口大に切り分けておいた方が新玉ねぎと一緒に食べやすいですよ。

 

★★★

この日は、他に「新たまねぎの春おでん」「ふろふきたまねぎ」「新たまねぎのクロックムッシュ風」「焼き厚揚げの新タマスライスのせ」「新たまねぎのカルパッチョ」が紹介されました。