作ってみた!

テレビで見たレシピを実際に作ってみて、辛口レビューしています。

【きょうの料理】チキンのポテトクリーム煮(上田淳子)

2018年2月5日(再放送は2月5日)の放送は、上田淳子さんの「“ホッと”クリーミーおかず 洋風でこっくりクリーミー」です。今回はその中から「チキンのポテトクリーム煮」の作り方を紹介します。

 

f:id:katakorix:20180201142045j:plain

[1人分440kcal 調理時間25分]

 

すりおろしたじゃがいもをトロミの素に使ったクリーム煮です。どんな感じになるのか、想像もつきません。

 

でも、肝心のお味は・・・

 

材料(2人分) 

用意した材料はこんな感じ。 材料費は600円くらいです。

f:id:katakorix:20180201142330j:plain

 

引用元:きょうの料理2018年2月号[雑誌]

・鶏もも肉 ・・・(大)1枚(300g) 

・じゃがいも ・・・1コ(80g)

・たまねぎ ・・・1/2コ(100g)

・しめじ ・・・1/2パック(50g)

・生しいたけ ・・4枚(70g)

・牛乳 ・・・カップ3/4

・塩、黒こしょう(粗びき)、サラダ油、バター

 

作ってみた! 

1.じゃがいもは皮をむいて水につける。たまねぎは繊維に沿って薄切りにし、しめじは根元を切り落として小房に分ける。しいたけは石づきを除いて半分に切る。

f:id:katakorix:20180201142419j:plain

 

鶏肉は余分な脂を取り除く。4等分に切り、塩小さじ1/2と黒こしょう少々をふってしっかりすり込んでおく。煮込み時間が短いので、鶏肉にしっかり味をつけておくことが、おいしさのポイント。

f:id:katakorix:20180201142440j:plain

 

2.フライパンにサラダ油小さじ1を入れ、鶏肉の皮側を下にして並べる。中火で熱し、約2分間動かさずに焼く。上下を返して約30秒間焼き、いったん取り出して火を止める。

f:id:katakorix:20180201142503j:plain

!! 焼き時間は短いので、ふっくら仕上がりますね。

 

3.フライパンの中の鶏肉の脂を紙タオルで拭き、バター5gを入れて中火にかける。溶けて泡立ってきたら、1のたまねぎときのこ類を加え、しんなりするまで約2分間炒める。

f:id:katakorix:20180201142521j:plain

  

2の鶏肉を戻し入れ、水カップ3/4を加える。沸いたらふたをし、弱めの中火にして5~6分間煮る。具材に焦げ目をつけないように炒めると、仕上がりが美しい白色に!

f:id:katakorix:20180201142539j:plain

 

4.牛乳を加え、沸いたら火を止める。

f:id:katakorix:20180201142628j:plain

 

1のじゃがいもをすりおろして加え、中火にかけて手早く全体を混ぜる。おろし器の目が細かいと煮汁がなめらかに、粗いと粒が残って食べごたえのある仕上がりになる。

f:id:katakorix:20180201142653j:plain

 

5.とろみがついたら塩・黒こしょう各少々で味を調える。木べらで鍋底に線が残るくらいのとろみが目安。堅ければ牛乳少々を足して調整を。

f:id:katakorix:20180201142714j:plain

 

食べてみた! 

この日は、野菜サラダ、ご飯、味噌汁と一緒にいただきました。  

f:id:katakorix:20180201142813j:plain

 

大き目のジャガイモをすりおろしてを一気に入れてしまったので、ドロドロになってしまいました。じゃがいもは少量ずつ加えた方が良いですよ。

 

あと、目の粗いおろし器を使ったので、ジャガイモっぽさが最後まで残っていました。クリーミーに仕上げたいのであれば、目の細かいおろし器がおススメです。

 

★☆☆

この日は、他に「かきとほうれんそうのカレー風味グラタン」「冬野菜のとろとろチーズソース」「たらのソテーかぶのポタージュソース」「クリーミー春巻」が紹介されました。